関西学院の男 Vol.1

実は関西学院の男がモテるらしいと、東京カレンダー界隈でひそかに話題


ー関西学院大学出身の男は東京でモテるー

わざわざ関西人に? と思われても不思議ではない。東京には東大、慶応、早稲田……と彼らと同等、もしくはそれ以上のレベルが所狭しといる。しかしフラットな関西のノリと、仕事をバリバリこなすまじめなギャップが東京の女性に受けているという。

果たして、そんな関西学院(関学)の男達がモテる事実はあるのか? 彼らのライフスタイルを取材し、その実態を紐解いていく。


<今週の関西学院の男>

名前:修一27歳
勤務先:大手証券会社
年収:約900万円
学歴:関西学院大学
住まい:池袋
家賃:11万円
趣味:サッカー
交際ステータス:独身・彼女なし
好きなタイプ:自立している人

大学の名前を合コンで出したことはない。だって東京の人は知らないと思うから


連載初回にして早くも企画が成り立たないことを言い出す修一。


「“西の慶応”とは言われていますが、関西なら有名な大学はもっとあると思います。京大とか立命館の名前を出されたほうがおおっ! ってなるでしょう?」

関学は阪神間山の手という高級住宅街エリアにキャンパスを構え、キリスト教系の大学ということもあって美しい校舎が印象的だ。阪神間山の手は東京で言う田園調布が当てはまり、育ちのいい人が通う印象がある。高島忠夫、豊川悦司、大江千里から、髭男爵の樋口くんまでバラエティ豊かな出身者を輩出。

卒業後は、関西での就職がほとんどだが、東京へ進出する人も多く商社、証券会社、広告代理店、マスコミなど有名企業へ進むことが多い。

「合コンで大学の名前や会社名では勝負しません。そういうのに寄ってくる子って”お馬鹿”な子の印象が強いから……。ニートでも自分を好んでくれる人がいたら結婚したいですね(笑)」

そんな修一のルックスは身長が175センチ前後で、体つきはソフトマッチョ。10年以上サッカーをしていることもあって、以前は腹筋も割れていたという。27歳となると男性も女性も曲がり角。下っ腹がたるんできてもおかしくない年齢だが、同世代の中では引き締まっている印象だ。

顔立ちはキリッとした目元に綺麗な鼻筋。いま人気の”塩顔男子”が当てはまる。歯は口ほどにモノを言う、なんていう言葉あったりなかったりするが歯並びの良さは育ちの良さも伺える。

爽やかな印象通り、毎週土曜には朝7時からフットサルをするため金曜日には予定を入れない徹底ぶり。しかし、先輩から「今日の合コンの人数合わせで出席してほしい」と言われれば出向くほどのアクティブさも兼ね備えている。

「今の会社で人との繋がりが一番大事と教えられました。入社した一年目は一日に営業100件、電話500件なんていうノルマを課せられましたが、この時の大変さがあったから今もやってこれると思っています」

仕事熱心な修一はその心意気から”世界遺産検定”2級を所持している。各国の文化を知ることが、その国の経営事情を知れるという。他にも船が好きという趣味から船舶免許も持っており、どこまでも爽やかな印象だ。

ここまで爽やかだと、恋愛においても真っ白なのでは? という疑問が上がってくる。

【関西学院の男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ