安ウマなら渋谷!トコトン飲むなら道玄坂の激ウマなこの6軒

大人になったいまこそ、渋谷の最深部、道玄坂へ。そこは美味しいお酒の飲めるいい店が集まっていることを、どれだけの方がご存じだろうか。

ここでは学生の頃には知る由もなかった、大人向けのいいお店をごぞっとご紹介。明日が休みの会社帰りに、朝まで道玄坂エリアで飲み倒してみるのもアリだ。

フードはつまみ系のみで一品¥500、チャージなしの明朗会計

気鋭酒店の直営バーでコース仕立てのきき酒体験
『純米酒専門 八咫 渋谷店』

道玄坂1丁目/日本酒バー

“酒スペシャリスト”山本将守氏が代表を務める名古屋の酒店直営の純米酒バー。味わうべきは「きき酒コース」(¥2,000)だ。

1時間の制限時間内であれば、スタッフセレクトの日本酒が1銘柄50ml、何種類でも楽しめる。緩急付けたコース仕立てで好みの一杯へ誘導してくれる女店主・玉木里沙氏の手腕にも酔いたいところ。

力強さのある滋賀県「不老泉」は、クリームチーズのわさび和えと相性よし

山口県の「カネナカ」には、鳥取県から届く、山本氏絶賛のスルメイカの麹漬けを

ゆるりくつろげる店内

オシャレで気軽で味もよし。渋谷らしさ満開な優秀酒場『日本酒バルChintara』

道玄坂2丁目/日本酒バー

スタイリッシュなワインバルのような雰囲気がひときわ目を引く。冷酒はワイングラスで提供し、香りを楽しんでもらうのがチンタラ流だ。

フードは「銀だら西京焼き」など王道の和食から、「柿バター」といった、店主いわく“トリッキー系”のつまみまで、50種以上。ちょい飲みもガッツリもOKな懐の深さに、つい唸る。

いわしの梅煮¥780は、酸も甘みもある岐阜県の酒「竹雀」グラス¥550と

個性派で知られる「玉川」の熟成酒グラス¥650と焼きチーズキーマカレー¥700のコンビはインパクト大

入口の竹が目印の小さな店

アットホームな雰囲気で美酒王国・福島の酒を堪能
『立呑み なぎ』

道玄坂2丁目/日本酒バー

母と妻の出身地、福島の酒に魅了されたという店主の甲田力氏が、現地の地元密着型酒店から独自に仕入れる酒は、レアものや季節ものが多数。さらにワンコインから提供と太っ腹だ。

界隈随一のピンク系エリアにありつつ、常連と一見がすぐに仲良くなる家庭的雰囲気も相まって、一度入れば出られない桃源郷的な1軒に。

ホタテ貝と九条ネギのぬた¥600

しっかりした味わいの「ロ万」グラス¥500

ジューシーな旨みが国産牛モモ肉のたたき¥800

曙酒造「央」グラス¥500は、地元酒店のプライベートブランド

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ