今、熱いのはオーダーメイドピッツア!自分至上最高の味を目指せ!

上質で本物志向の大人の女性に向け、新宿南口にオープンした『NEWoMan SHINJUKU』。そこに連日行列が絶えない人気のピッツェリアがあるのをご存知だろうか?

それが、日本に初上陸した『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA』(800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア)。LAを中心に、アメリカで大人気のピッツェリアだ。厳選した食材にこだわっているからこそのおいしさに加え、それぞれが自分の好みにカスタマイズしたうえで焼き上げるというユニークな形態が人気を集めている。そんな「プレミアム ファスト カジュアル レストラン」をさっそくご紹介しよう。

野菜や肉、魚介などトッピングは約40種。チーズだけでも6種も用意されている

トッピングは2〜3種がベスト。組み合わせに迷ったらスタッフにおすすめを聞いてみよう♪

これが全行程のカウンター。右から順に、生地→ベース→トッピングと選んで、石釜へGO!!

『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA』の人気の秘密

ベースピッツァ5種×約40種類のトッピングの組み合わせは無限大。お店からのおすすめを試すもよし、オリジナルの味を極めるのよし。

新鮮なモッツァレラチーズを加え、エキストラバージンオリーブオイルをかけて盛り付けを仕上げたあとは、華氏800度(摂氏約425度)の高温に保たれた薪窯に入れられ、約90秒で焼き上げ。目の前で調理されるイベント性に加え、そのスピード感も大きな魅力だ。

そして、なにより、そのおいしさ!

本場ナポリNo.1シェアを誇るカプート社の小麦粉でできた手作り生地や、カリフォルニアより空輸されるフレッシュモッツァレラチーズ、新鮮野菜など、食材にはとことんこだわっている。

「秋刀魚のコンフィ」をはじめとするJAPANだけの具材や、「ペペロンチーノブロッコリ」等のオリジナルの具材もぜひ試してみたい。

高音の窯で焼き上げたピッツァは柔らかく歯ごたえがあり、熱による若干の焦げが部分的にあるのが特徴

800°DEGREESオリジナルのクラフトビールは日本限定メニュー。もちろん、ピザとの相性は抜群だ

オープンには、アメリカからシェフ兼創設者のアンソニー・キャロン氏が来日し、ゲストを笑顔でお出迎えした。

週末には最大2時間待ちを記録するなど、日に日に人気が高まっている

『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA』ウエストウッドビレッジ店の色鮮やかなトッピングレーン

『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA』とは?

『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA』は、シェフ兼創設者のアンソニー・キャロン氏が、アメリカで2012年にオープンした、本格ナポリピッツァをカウンターサービスでカジュアルに楽しめるレストラン。海外からの出店オファーが相次いでいる急成長ブランドだ。1号店であるウエストウッドビレッジ店は1日平均で800~1,000枚のピッツァを販売しており、アンソニー・キャロン氏はオーダーメイドピッツァブームの火付け役の一人だと言われている。

■店舗概要

店名:800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA NEWoMan SHINJUKU店
(エイトハンドレッドディグリーズナポリタン ピッツェリア)
住所:〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2Fエキソト
営業時間:11:00~23:00
定休日:NEWoMan SHINJUKUに準ずる

【スタッフ募集!】(応募締切:~2016.5.8)
①WEBデザイナー
②iPhoneアプリエンジニア
③編集オペレーター
▼詳しくはこちら
https://tokyo-calendar.jp/story/2533

------------------------------

【緊急アンケートを実施中!】(募集期間:2016.4.28~2016.5.11)
■あなたのデート事情、教えてください!回答はこちら

緊急アンケート 東京デート事情


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ