最近のクリーム山盛りパンケーキに喝!老舗のふわっふわ絶品ホットケーキ!

なんとも美しい焼き目、そしてふっくらした口当たり……。昨今のパンケーキブームに一石を投じる老舗の逸品である。

創業1947年の老舗洋菓子店『銀座 ウエスト』の支店である『ウエスト 青山ガーデン』。製菓工房を併設するウエストのフラッグシップカフェならではのメニュー展開が魅力だ。

なかでも注目したいのは「ホットケーキ」。驚くほど均一な美しい焼き色、ふわっふわの食感、メープルとバターとの相性。その全てが食べる人を虜にすること間違いなし! その魅力を紹介しよう。

ボリューム満点の「ホットケーキ」(¥1,188/2枚、¥648/1枚)

ボリュームに驚嘆!均一な美しい焼き目も目を引く

こちらは老舗カフェだが、このホットケーキの誕生は最近のこと。「郷愁を感じるようなホットケーキが食べたい」というお客様の声から、2008年に提供がスタートした。

テーブルに運ばれてきた瞬間に目に飛び込むのは、そのボリューム感。直径18cm、厚さ約2cmという大きさ。そしてなんと言っても均一な焼き目が美しい。

この秀麗な焼き色は、ガスではなくじっくり火入れできるIHヒーターを使用し生み出される。2枚注文が入っても同時に焼き上げるために6機も使用するという。

ふわふわの生地にバターとメープルをたっぷりかけて召し上がれ

蒸し焼き行程でふわふわ食感を生む

バターとメープルシロップをかけて、いざナイフ入刀! ナイフを入れると、表面はサクッとしていながら、中へ入ればふんわり。その心地よさにどんどんと食べ進められてしまう。

そのふんわりとした食感を生むのは、焼きの工程のなかでフライパンに蓋をして、蒸し焼きにしているからだという。フワッとした食感のなかに、しっとりとした口当たりも残るのは、この工程のおかげだ。

卵の多さを物語る黄色い断面も美しい

味も絶品!こだわりが生むおいしさの理由

食感も印象的だがクリーミーな後味も負けてはいない。水は一切使用せず、牛乳と生クリームのみという贅沢さがこの味を生み出している。

また、卵も1枚あたり1個ぶんたっぷり使用。ダマがなくなるまでしっかり混ぜるのも大切だと語る。

ボリュームに圧倒されるものの、どんどん食べ進められるのは老舗洋菓子ならではの丁寧な仕事のたまものだと言える。

約20種から選べる「ケーキセット」(ドリンク代+¥324)

選ぶのも楽しい!ケーキセットもおすすめ

『ウエスト 青山ガーデン』の魅力はホットケーキだけではない。ケーキセットもスイーツ好きにはたまらない。

注文すると、運ばれてくるのがその日のケーキサンプル。実物を見ながら好みの1点を選べるのだ。どれもおいしそうで迷ってしまう時は、スタッフにおすすめを聞いてみよう。きっとステキな一品を選び抜いてくれるはず。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ