キメの接待はここ!商談を成功へと導く美食自慢の都内名店8選

大きな仕事をこなす敏腕ビジネスマンは、クライアントの心をしっかりと掴む接待を行うことが成功への近道になる。和食の王道、極上寿司や、松阪牛・松阪豚など三重県松阪市が生んだ上質な素材を使った会席など、日本人はもちろん、外国人のゲストをも感嘆させる絶品料理を提供する店を厳選。これであなたの株も急上昇だ。

カウンター席から望む内装は、まるで一幅の絵のように美しく、料理と共にゲストとの会話も弾む

贅を尽くした空間と料理に心躍る『高級中国料理 赤坂 魁 KAI』

赤坂

接待の際の店選びはセンスが問われるもの。料理も内装もワンランク上の店で、自らのセンスをアピールしたい。そんな時におすすめなのが、2015年6月に誕生した『赤坂 魁』だ。

入口で靴を脱いで奥へ進めば、そこは別世界。京都祇園にある料亭を模した内装で、照明を抑えた室内に円窓が満月のように浮かび上がり、神秘的で気品溢れる空間を生み出している。客席は7席のカウンターのみ。掘りごたつ式なので、ゆっくり腰を据えて会話を楽しめるのが嬉しい。

コラーゲンたっぷりの「タラバガニ入りフカヒレの姿煮」。料理は味のみならず、美容と健康にも気を配っている

夜のコースは中国料理のコース3種類と、スッポン鍋と中国料理を組み合わせたコース2種を用意。中華料理の世界で25年に渡って活躍してきた料理長の小野純生氏が、その集大成として作り上げたのは、和・仏・中を融合させた究極のヌーベルキュイジーヌ。

吉浜産の干しアワビや気仙沼産のフカヒレ、燕の巣、和牛、トリュフ、キャビア、フォアグラなどの世界中の珍味や高級食材を贅沢に使った料理が味わえる。お酒はワインが中心で、80~90種類を常備している。

贅を極めた素材への探求心と素材を活かした大胆な発想で、個性が光る繊細な創作性ある料理を提供。接待以外でも、結婚記念日や誕生日などいかなるシーンでも利用したい。今後、期待高まる名店である。

「スッポンの茶碗蒸し」(手前)と「フカヒレの煮こごり刺身風」(奥)。料理長の独創的なアイデアが光る。

「吉浜産干しアワビのオイスターソース煮込み」。ふっくらで柔らかなアワビの旨みを引き出した一品。

暖簾の奥には都会の喧騒を忘れる静かな空間が広がる。英語が堪能なスタッフもいるので外国人のおもてなしにも。

全7品の「松阪牛 会席【匠】」9,720円より一例。松阪牛を使ったメインの料理は「たれしゃぶ」「すき鍋」「グリル」の3種から選択できる

松阪素材に彩られた会席で格別なおもてなし『おもき 銀座店』

銀座

様々な店が立ち並ぶ銀座コリドー街。その繁華街のビル7階に新たな“美食”の名店が誕生した。

まず店に入った瞬間から風景は一変する。目の前に日本庭園を思わせる空間が広がり、都会の真ん中にいることを忘れさせてくれるのだ。席は全て個室を用意。この店で過ごす時間が特別なものになることを、確信させてくれる。

ここ『おもき』で味わえるのは、美食の聖地、三重県松阪市の素材。日本三大和牛のひとつ「松阪牛」や、銘柄豚品評会で日本一に輝いた「松阪豚」、そして完全無農薬栽培の「松阪野菜」。これらをふんだんに使った和食の全てが『おもき』の看板料理といえるだろう。

「松阪豚のグリル トリュフ掛け」1,815円。松阪豚の濃厚な旨味がトリュフの香りに包まれる贅沢な一品

特に松阪豚の脂身の甘さ、赤身の旨さ、柔らかな肉質は口にした誰もが感嘆するほど。「トリュフ香る松阪豚のすき鍋」1人前2,895円や「松阪豚のたれしゃぶ」1人前2,679円など、ここでしか食べられない逸品が人を惹きつけてやまない。

コース料理は「松阪豚 会席」が4,320円と5,940円の2種、「松阪牛 会席」が9,720円と12,960円の2種の計4種から選べる。

場所、雰囲気、そして極上の松阪料理の数々。どれをとっても絶対に外すことのない店。大切なビジネスパートナーをもてなすことがあるのなら、覚えておいて決して損はないだろう。

完全個室の掘り炬燵席。2~20名まで対応し、少人数の接待や会食にも最適。気兼ねなく会話ができる。

左.日本酒は新潟の蔵元から仕入れる新潟地酒。松阪牛や松阪豚との相性もよく、銀座の夜を演出してくれる。右.白木を基調とした店内。和の世界観と照明が映し出す模様が、落ち着きのある和空間を創り上げている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ