食都・銀座の深夜の人気店!一口で食欲が制御不能になるお店はこの3軒

世界でも類をみない最上級のグルメが集まる街、銀座。そんな食都には深夜24時を超えても、プロたちが手塩にかけた美味なる皿が多数ある。

銀座でテッペン超えても妥協知らずな美食処3軒をご紹介!

カツサンド¥1,728。白金豚の厚さは1cm 近く!ボリューム満点で、脂が軽くて美味しい。サンドにはほかに、メンチカツやビーフカリーなども。白金豚のカツは単品でもオーダーすることができ、さらにポークソテーにしてもらうことも可能

目移りする品数の多さに感激
『厨房酒場 カモメセラー』

店の佇まいも、主人・佐々木徹勝氏の立ち居振る舞いも、完全にオーセンティックバー。しかし、「きちんと数えたことないですが、60品はあると思う」と佐々木さん。フードの充実に目を見張る一軒だ。

佐々木氏は銀座の名店『モンドバー』に21年在籍。店長まで務め上げたバーテンダー。6年前に遡る、この店のオープン当初は今の半分ぐらいの品数だったが、「どんどん増えていきました」とのこと。

昭和ナポリタン¥1,080。タコさんウィンナー、たっぷりのケチャップなど、まさに昔懐かしい味。しっかりした味に酒も進む

レバーペーストやチーズカナッペといったバーの定番から、コロッケなどの揚げ物、“幸せを呼ぶ炭水化物”まで、本当に多彩だが、「あくまでも酒肴の延長線上」ときっぱり。

店名のカモメとは出身地である岩手・大船渡の市の鳥。だから、三陸産の食材を一番に考え、名物のカツサンドなら白金豚、そのほか、海草やキノコなどは岩手産を選んでいる。

酒の旨さはもちろんのこと、フードも抜群。背景にあるのは客や生産者を思いやる心で、だからこそ、道理を知った大人が足繁く通うのだ。

左:ローストビーフ¥2.916。国産牛を使っており、ほどよい脂気と赤身の美味しさが味わえる。好みでホースラディッシュや、醤油ベースの特製ソースをつけても美味
右:イチゴのフレッシュフルーツカクテル¥1,728。貴腐ワインでアレンジしたダイキリ風の一杯。手前はジントニック¥1,296。柑橘、ジン、トニックウォーターの組み合わせで数百のパターンが作れるという名物カクテルだ

カウンターに座れば、主人が目の前で調理する様も間近に見られる。まさに“厨房酒場”。香りに釣られ、隣の客の酒肴が欲しくなってしまうことも多々

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ