吉田類の酔いどれ人生相談 Vol.13

『酒場放浪記』吉田類が人見知りにアドバイス「無理して直さなくていい」

相変わらず日本全国を飛び回り、大忙しの類さん。最近では、京都で「吉田類のパラダイスな酒場」というトークショーを実施!自身のツイッターでもやはり、京都でお酒を満喫している姿を披露していた。

そして今日も、酒を片手にほろ酔いながらも様々な御悩みを解決!

上野「大統領本店」で

お悩み1:人見知りな上に口下手なんです。。


――『吉田類の酒場放浪記』って個人的にはほろ酔い状態で見たほうが楽しい気がするので、いつも飲みながら見ちゃいます!

類「飲み過ぎ注意だよ(笑)」

――はい……。では、今回もそろそろお悩み相談、お願いします。

類「新生活に入った春先はなにかとお悩みが多いんじゃないかな」

――ひとり目は、26歳男性です。

「私は人見知りな上に、とても口下手です。類さんが、酒場ですぐに周りの人と打ち解けた雰囲気になるのをテレビで見ると羨ましいなと思います。少しずつでも直していきたいのですが、何かいい方法はないでしょうか」とのことなのですが……、類さんは正反対のタイプっぽいですよね?

類「いやあ、僕も口下手だし、人見知りですよ、もともとは」

――全然そんな雰囲気がないのに! あ、でも「もともとは」ってことは、何かきっかけが?

類「20代のとき、外国で暮らしているうちに必然性から話しかけるようになりましたね。周りの人と話したほうが楽しいし、異国の地で生きていくためには、ためらっている場合じゃない、と思ったから」

――切実なきっかけがあれば変われる、ということかしら。

類「そう。だから、動機づけがあまりないのに、無理やり意識して変わる必要はないですよ。もちろん、話し方教室や自己啓発セミナーみたいなものに頼るのもダメ!」

――あのー、実は私、話し方教室を検討したことがあるんですけど……

類「いくら表面的に話せてもダメでしょ。伝えなくちゃいけないこととか、中身がきちんとないと」

――そうかあ……。じゃあ、この相談者の方はどうしましょうね。

類「病気ではなくてあなたの性格なんだから、とにかく無理して直そうと気負わないことですよ」

――その性格を生かして、この際聞き上手を極める、なんてのも、いいかもしれないですよね。

類「話さなくちゃいけない局面になればきっと大丈夫ですって!」

【吉田類の酔いどれ人生相談】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ