文具の品格 Vol.6

文具の品格:知ってた!? 東京の新たな出会いスポットは、美文字教室です!

前回までのあらすじ

“ホンモノ”の都会のオトコへの第一歩を踏み出すため、「ブルーアワー」という高級万年筆(17万6000円) を一括払いで購入したデキ男営業マン・森裕哉(もり ひろや)。

気になっていた美人先輩社員・安浦千佳から誘われ、2人きりの「上司へのプレゼント選び」に行くが、文房具屋を出たあとの店選びで大失敗。「"ホンモノ”の都会の男」への道のりはまだ遠い――。


第5話:文具の品格:知らないと恥ずかしい、試し書きで「永」を書く理由

インクの出にくくなった万年筆を復活させる方法

「いやー、助かった。森くん、ありがとう」


IT系ベンチャー企業の役員・後藤が腕を組み、感慨深そうにうなずく。目の前には、スラスラと試し書きされた様子の1枚のメモ用紙と、1本の万年筆が置かれている。

裕哉は自社の新商品を紹介するため、取引先である後藤の青山にある瀟洒なオフィ......


【文具の品格】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo