文具の品格 Vol.5

文具の品格:知らないと恥ずかしい、試し書きで「永」を書く理由

前回までのあらすじ

“ホンモノ”の都会のオトコへの第一歩を踏み出すため、「ブルーアワー」という高級万年筆(17万6000円) を一括払いで購入したデキ男営業マン・森裕哉(もり ひろや)。

ある水曜日、裕哉を「仕事できなそう」と噂した美人先輩社員・千佳から誘われ、丸善・丸の内本......


【文具の品格】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo