あえてデーブ・スペクターの奥さんに聞いた!海外ゲストおもてなしのコツ&海外のレストラン事情

結婚記念日などの大切な日にデーブさんと行くレストラン『ヘイフンテラス』。ザ・ペニンシュラ東京にある中国料理レストラン。中国古典庭園をイメージした洗練された空間で、日本の四季折々の食材を使用した伝統的な広東料理が味わえる

番外編
デーブ&京子夫妻行きつけの店とは?

結婚記念日には、デーブと2人でおしゃれをしてレストランで食事をします。お料理が美味しいことはもちろんですが、雰囲気の良いお店を選びます。フレンチだったら『トゥールダルジャン』ですね。2人とも中華料理が好きなので、ザ・ペニンシュラ東京の『ヘイフンテラス』にはよく行きます。

旬の食材を使った広東料理がおいしいお店です。中国・蘇州の中国古典庭園をイメージした空間がすばらしく、個室や調理風景を楽しめるシェフズテーブルがある点も気に入っています。

京子さんが、特別な日に利用するフレンチの名門『トゥールダルジャン』。ホテルニューオータニにある伝統的グランメゾン。スペシャリテは「幼鴨フィレ肉のロースト マルコポーロ」。歴史に彩られた華麗な空間で美食を味わえる。

■プロフィール

京子 スペクター 株式会社スペクター・コミュニケーションズ 代表取締役/エッセイスト/TVコーディネーター

カリフォルニア、ロサンゼルスの大手ホテルでフロント、ツアーマネジャー、コンシュアージを経てデーブ・スペクターと結婚。1983年来日。スペクター・コミュニケーションズの代表取締役を務める傍ら、アメリカでの生活を生かしたライフスタイルコーディネーターとして活躍。在日の各国大使達に数多くの友人を持ち、交流も盛ん。2002年には日本女性として初の「フレンド・オブ・タイランド・アワード」をタイ政府から授与。アルバニア共和国名誉領事。

世界遺産の「ベラトとジロカストラの歴史地区」

歴史的な街並みや美しい海岸線が魅力 アルバニア共和国

京子さんが名誉領事を務めるアルバニア共和国は、バルカン半島南西部に位置する国で、イタリアやギリシャに近く、気候も温暖。首都はティラナ。

2005年に世界遺産に登録された「ベラトとジロカストラの歴史地区」は「1000の窓を持つ街」として世界各地から観光客が訪れる。「ブルーアイ」と呼ばれる神秘的な湖など、手つかずの自然も残っている。

ギリシャ、トルコ、イタリアの影響を受けて発達した独自の食文化があり、さまざまな味覚が楽しめるのも魅力。

中でもエビやイカ、魚など、アドリア海で獲れた新鮮な魚介をオリーブオイルやレモン、ハーブでイタリア風に味付けした料理は絶品。歴史や文化、豊かな自然、そして美味しい食を求めて、ぜひ一度は、訪れてみたい国だ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo