朝スポ美女 Vol.3

清純派美女が語る、超過酷マラソンストーリー。爽やかな笑顔の裏に秘めた、ド根性の理由。

皇居ラン、美ジョガーなどが流行り、東京でランナーの人口はここ数年で爆発的に増えた。多くの人々がそこまでランニングに魅了されるのは、一体何故なのだろうか?

東京で充実した生活を送る美女たちに直撃する、スポーツ美女シリーズ。ヨガの美女ダイエット成功美女に続く第3弾は、フルマラソン出場経験者でもあるランナー、高沢奈苗さんに話を伺った。


朝5:30起床で皇居ランが日課。朝の運動はやはり美容効果も高い!


「ランニングを始めたのは、もともとは仕事の企画でした。」

爽やかな笑顔の奈苗さん。ポニーテールがよく似合う。ランニング歴は5年程だそうだ。

タレント活動をしている彼女は、皇居での朝ランや美ジョガーなどが流行りはじめた頃、実際にそのランニングを体験して生放送をするという仕事を引き受けていた。

「ランニングは未経験でしたが、中学・高校とかなり真剣にテニス部活動をしていて、その特訓の一環で校庭を10週走るなどはほぼ毎日でした。なので、走ることには特に抵抗はありませんでした。」

おっとりとした笑顔で語る彼女は、しかし意外にも、中学時代には軟式テニスの強化選手として高校推薦を獲得する程の腕前だった。市の大会などでは優勝経験もあり、実業団にピックアップなどの話もあったという。かなり体育会系の青春時代を過ごしていたことから、朝ランレポートの仕事は快く引き受けた。

「早朝のランニングで1日をスタートすると、目も覚めて身体がとっても軽くなります。全身のむくみも取れ、元気な身体でスッキリと1日が過ごせるのが気持ち良すぎて、すっかり虜になってしまいました!」

それから奈苗さんは、そのまま朝ランを趣味として続けるようになった。朝5時半に起き、早朝から皇居を1、2周するのが日課だそうだ。

やはり、朝の運動は美容法としても重要なのだ。

マラソン大会で初体験したランナーズハイ。疲れの限界を通り越した無感覚が病みつきに


もともと超・体育会系の青春時代を過ごした奈苗さんは、朝ランがすっかり日課になった頃、どうせランニングを続けるのならば何か目標が欲しいと思うようになった。


「そして、思い切ってハーフマラソンに個人で出場することにしました。普段のランニングは皇居1、2周で、本番前も15キロ以上は走ったことがなかったのですが、でも、大会になると気持ちが高ぶるので、意外と約20キロを完走できたんです。ランナーズハイというのも大会に出て初めて経験しました。」

「ランナーズハイ」という言葉はよく耳にするが、それは実際どんなものなのだろうか?

「例えば、身体のどこかを叩きすぎると、痺れて痛みを感じなくなってしまう感覚です。それまで辛くて苦しかったのが限界を通り越し、それが緊張感と合わさり、何とも言えない“無”の感覚が訪れます。」

そのランナーズハイはさらに、癖になる爽快感をもたらす。そしてマラソンの完走も、経験者しか分からない達成感があるという。誰しもがランニングに魅了されていく秘密は、どうやらその快感にもあるようだ。

奈苗さんはその感覚が病みつきになり、いつかフルマラソンにも挑戦したいと思うようになっていった。

【朝スポ美女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ