吉田類の酔いどれ人生相談 Vol.11

『酒場放浪記』吉田類の相談室:「女性から誘いのメールが!でも返信してもノーレス。なんなの?」

「酒場放浪記」で有名な吉田類。やはり酒飲みのイメージがあるのだろうか、つい先日も「ホーム転落防止キャンペーン」のイメージキャラクターに任命され、「お酒を飲んでも無事に帰ろう」と注意を呼びかけていた。

そんな"酒は飲んでも呑まれるな"の意識を持つ飲酒のエキスパート・吉田類が、今回も読者の皆さんからのお悩みに答えます。日本中の酒場で、たくさんの人々と酒を酌み交わし、語り合ってきた吉田類だからこその含蓄ある回答は必読!

類さんもおなじみの中目黒『藤八』

お悩み1:返事を出してもやっぱり返信がない。気があるのでしょうか?ないのでしょうか!?


――もうすっかり春ですね、お花見シーズンですが、悪酔いで迷惑かけるのは注意ですね。さて、早速今回のお悩み相談へ参りましょう。

類「どうぞどうぞ」

――それでは、まずは44歳男性からのお悩みです。「会社の元後輩だった可愛い女子が、時折〝先輩、お元気ですか? お久しぶりです。またお目に掛かって呑みたいですね〞とメールを送ってきてくれます。ところが、〝おお、こっちは元気だぞ。そっちは今どうなの?〞と返信をすると返事がありません。なんだったのかな?と思いながら2年経つとまたメールが。でも、返事を出してもやっぱり返信がない。気があるのでしょうか? ないのでしょうか!?」。

類「ない!(断言)」

――即答過ぎる(笑)。相談者の方曰く、2年サイクルでこれが3度続いている、つまり6年越しらしいんですが。一体なんなんですかね、この女性の気持ちは。

類「彼女はね、失恋の度に電話してきているんですよ。そういうサイクル! でも、またすぐに次の彼が現れるから、この先輩に連絡するのを忘れちゃうだけ。他に理由はないですね(きっぱり)」

――確かに、失恋すると具体的にどうこうしたいわけでなくとも、自分を気に掛けてくれる人に連絡取りたくなるかも……。

類「その男性が人格者だとしたら、もっと頻繁に、夜中の2時に思い詰めた声で電話かけてきますよ。僕の経験上、女性が思い詰めるタームっていうのは大体半年に一度。そういう時に、自分が神のように思ってる人にすがりたくなるんですね。だから、彼女の中にあるそういうイメージを壊しちゃダメ」

――変な下心を出さず、人格者キャラに徹しろ、ってことですね。

【吉田類の酔いどれ人生相談】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ