創業160年 京都の老舗料亭『下鴨茶寮』がついに銀座にやってきた!

本日3/31(木)オープンの『東急プラザ銀座』のレストランフロアには名店が続々登場!

中でも京都の老舗料亭『下鴨茶寮』が東京へ初進出! “日本の発信”をコンセプトに、『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』と『日本酒バル のまえ』の2店を共存させた形式でオープンさせる。創業160年の老舗料亭が、銀座に進出した理由は何なのか?さっそくご紹介しよう。
記事最後には、開業日3/31(木)のみのスペシャルイベント情報もあるので、お楽しみに。

『下鴨茶寮』京都本店。創業は1856年、歴史と伝統に彩られた老舗の看板。世界遺産下鴨神社をすぐ隣に臨む、情緒溢れる美しい佇まい

創業160年目の挑戦!料亭文化を銀座から世界へ

『京都 料亭 下鴨茶寮』は、創業160年目の挑戦として、あえて“2つの新店舗”を共存させることにした。大きな暖簾をくぐり、店内に足を踏み入れると、まず賑やかでカジュアルな空間が広がる。

端正な肴と、晴れやかな日本酒のマリアージュを提供する『日本酒バル のまえ』だ。そのカジュアルな空間の一角にある格子戸を開けると、そこには、上質な京都へと誘う路地がひっそりと。

扉ひとつをくぐり抜けるだけで、がらりと違う空気感に包まれる。京都独自の文化や美しさを、華やかなる銀座で愉しむ『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』だ。日本と世界の繋がりがますます深まっていくまさに今のタイミングで、日本の感性と創造性を“銀座”から発信していく。

まずは『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』をご紹介

京野菜や季節の食材が、美しくテーブルを飾る粋を極めた懐石料理。カウンターが7席、6人個室、4人個室がある。またお食事はいただけないものの、小間2畳分のお茶室もある。

『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』

お膳を美しく飾る妥協なきお料理、日本の美学が行き届いた空間、そして、客人を想うおもてなし。変わるものと変わらないものを見極めながら、時代に即した創意を加え、感動を提供する。それが、『京都 下鴨茶寮』だ。

京都だけが持つ独自の文化や美しさを、世界に発信していくことを信条としている茶寮が、華やかなる銀座に『割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』を構えた。京都と東京を和える。日本と世界を和える。すべてが調和した時間を存分に愉しもう。

先付から始まる芸術的なお料理の数々。そして、京都の情味ともいえるお出汁でいただく椀物。椀の魅力のひとつが、蓋を開けた瞬間にただよう美味しさがぎゅっと詰まった香り。どんな味わいなのかを瞬時に想像した後に、ひと口いただくと感動が口いっぱいに訪れる。

脈々と伝承されてきた京料理の形に、創意を加えることで、感動する料理を提供すること...。それが『下鴨茶寮』が何よりも大切にしていることだという。京都本店だけで供されていた料理を、そのまま銀座でいただける。季節を感じ、素材を感じ、職人の手仕事を感じる芸術的な料理の数々を、ぜひ堪能したい。

また、懐石料理の一品一品に合う、日本全国の銘酒を豊富に取り揃えている。国内の銘酒のみならず、シャンパーニュ、ワインもある。料理をもっと楽しむためのマリアージュをぜひどうぞ!

■店舗概要

店舗名:割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ
所在地:東急プラザ銀座 11F(中央区銀座5-2-1)
オープン日:3/31(木)
料金:
・昼懐石 8,000円(税別)
・夜懐石 15,000円(税別)
電話番号:070-5345-5761
営業時間:11:00~15:00/18:00~22:00
予約:予約を希望の方は電話、またはメールより。
Web:http://www.shimogamosaryo.co.jp/ginza

続いては『日本酒バル のまえ』をご紹介

肴(さかな)とは、酒菜が転じた言葉。文字どおり、いずれもお酒と一緒にいただくことで、より存在感を増す逸品ぞろい。

『日本酒バル のまえ by shimogamo saryo』

日本の豊かな山、海、川、畑。そこから生みだされる、さまざまな食材、酒、器。日本の“つくり手”たちは、伝統と革新を融合させてどんどん進化している。“つくり手”と“料理人”とがコラボレーションし、ゲストに食べることの幸せを提供する、それが『日本酒バル のまえ』だ。

店名の『のまえ』は、『下鴨茶寮 東のはなれ』のまえ にあるという掛詞のような、洒落のような遊び心でつけられた。お料理ひとつとってみても、受け手がアンテナをぴんと張れば、おもしろい工夫が感じられること請け合い。もちろん、心を無にしてただひたすらに味わうのでも全く問題ない!それこそがバルスタイルだ。

創業1856年の『料亭 下鴨茶寮』が、いまの日本と真っ向から向き合い、世界がクロスする銀座の交差点で打ち出す新境地。深く、面白く、美味なる味覚を、世界へ。銀座 下鴨茶寮『のまえ』の暖簾の先で堪能しよう。

夜は下鴨茶寮本店定番料理から、前菜・野菜料理、刺身料理、肉料理、肴、しめ、甘味など。器にもこだわりが。取り皿としてセットされているる”応量器”は、禅僧が修行で用いる漆の器。大小5つの器がぴったり重ねられている。日本人でも新発見がある趣向がおもしろい。

季節感ある京料理の心はそのままに、和の素材に新たな発想でひと手間かけ、酒を呼ぶ深い味わいの料理たちがずらり。つまみのチーズだって全て国産である。

お好みで、全国津々浦々からセレクトしたお酒とのマリアージュを楽しむことができる。日本酒、ワイン、ビール、焼酎、梅酒、果実酒、ウイスキー他すべて日本のお酒である。日本から世界へのメッセージが込められている。

※写真はイメージです

3/31一夜限り!
オープニングイベント「獺祭」を振る舞う祝宴を開催!

そして本日3/31(木)にお越しいただいた方と共に、祝い酒「獺祭」を振る舞う、景気の良いイベントが開催される。
旭酒造三代目の桜井博志氏も来店し、日本を代表する銘酒「獺祭」と銀座 下鴨茶寮の料理が華やかに融合する開業初日の祝宴を愉しもう!

運が良ければ、京都から招いた”舞妓”さんにも会えるかも!乞うご期待。

■店舗概要

店舗名:日本酒バル のまえ
所在地:東急プラザ銀座 11F(中央区銀座5-2-1)
オープン日:3/31(木)
電話番号:03-6264-5264
営業時間:11:00~16:00/17:00~23:00
Web:http://www.nomae.jp


【急募!】2016年夏の寄稿者採用募集中!4月10日 (日)まで。

------------------------------

LINE公式アカウント始めました。毎日東カレWEB最新情報をお届けします!LINE@オリジナルコンテンツもあるかも?

友だち追加数


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ