弁護士婚活事情 Vol.4

弁護士婚活事情:女性弁護士は、就職時点で彼氏なしなら一生独身を覚悟する

弁護士といえば、合コンしたい職業ランキング、結婚したい職業ランキングなど、各種ランキング上位の常連で、モテる職業というイメージが根強い。これまで弁護士婚活事情に登場した3人の弁護士も、それぞれタイプは違えどモテていることがうかがわれた。

もっとも、それは男性弁護士に限った話だ。モテまくる男性弁護士にばかりスポットライトが当てられるが、女性弁護士がどのような恋愛をし、どのような男性と結婚するかはあまり知られていない。今回は、そんな女性弁護士の婚活事情をのぞいてみる。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:亜希子28歳
勤務先法律事務所:霞が関エリアの中堅法律事務所
年収:約800万円
大学・ロースクール:都内有名私立大学
住まい:中目黒
家賃:15万円
交際ステータス:独身・彼氏なし
好きなおつまみ:たたみいわし

女性弁護士は地味なんてイメージはもう過去のもの


亜希子は特別美人というわけではないが、小動物系の顔をした可愛らしい女性だ。アッシュベージュのミディアムヘアは、大学時代から通う表参道の有名サロンでケアしてもらっている。オンオフを問わない赤文字系のファッションに身を包み、胸元には、一粒ダイヤとイニシャルの華奢なネックレスを重ね付けしている。

そんな亜希子が弁護士をしていると知り、驚く人は多い。所属事務所のボス弁護士が、彼女をクライアントに紹介すれば、秘書と勘違いされることもしばしばだという。テレビで人気の美人弁護士は特殊な例だと思われがちだが、おしゃれで可愛い女性弁護士は増えつつある。

持って生まれた顔立ちで可愛いと言われるかどうかが決まっていた学生時代と違い、ある程度年齢を重ねた後の美人度は、どれだけ見た目に気を遣っているか、年齢に応じた洗練されたセンスを持ち合わせているか、そして、やりがいのある仕事をして輝いているかによるところが大きい。

弁護士を目指すような努力家で向上心の強い女性は、美しくなることにも一生懸命なのだろう。また、彼女たちには、流行のファッションを揃えるだけの経済的余裕もある。

亜希子自身、司法試験に合格し、初めて修習同期の女性たちに会ったときには、思ったより華やかな人が多く驚いたそうだ。

合コンしたい女性の職業ランキング圏外?


一年ほど前、ロースクール時代から付き合っていた彼に突然別れを告げられた亜希子は、目下婚活中だ。この時期の別れが、女性にとって大きな痛手であることは言うまでもない。それが女性弁護士であれば、なおさらだ。

可愛い人が増えてきたと言っても、世間の女性弁護士に対するイメージは昔のままだ。法学部から司法修習にかけての男性率の高い環境もあいまって、これまでは人並みにちやほやされてきた亜希子だが、弁護士になってからは一向にモテないとため息をつく。

弁護士になれば女性に苦労しない生活が保証されていると思われがちな男性とは対照的に、女性の場合、「最後のチャンスである司法修習終了までに相手を見つけられなければ、結婚はあきらめろ」とまで言われるという。

その主な原因は、職業を告げると、多くの男性に敬遠されてしまうことにある。合コンや街コンといった出会いの場で、思わず職業を隠してしまう女性弁護士もいるそうだ。

「気が強そう。」
「異議あり!とか言うんでしょ?」
「離婚するときに高額の慰謝料を請求されそう。」
「俺より全然稼いでるんでしょ?」
「弁護士?すごいね!先生、俺が捕まったらお願いしますよ!」

男性に悪気がないことは分かるのだが、出会いの場に行くたびにこんなセリフを投げかけられ、亜希子はうんざりしているという。

【弁護士婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ