和食でワインが飲みたい、しかも安く! ワガママを叶える6軒

ワガママ女子の願望がここに! たくさんの肉総菜と安うまワインのあるお店

肉とワイン、といえば所謂“洋なお店”を思い浮かべる人がほとんど。しかし、我々は訴えたい。もっと気軽に、大衆居酒屋のような雰囲気で楽しめる店はないのかと。

そんな願望を満たすのが、独自の進化を遂げたワイン居酒屋たる業態。全方向型な6軒がコチラ。

ワインはヴァンナチュールのみでボトル約40種類。グラスは赤白各4種、泡1種¥700〜

左.山形産ラム肉とクミン炒め¥1,100はたっぷりのパクチーと。「ファニーサーブル・ルージュ13」グラス¥950、ボトル¥5,800と一緒に 右. 店主が「汁もの好き」で煮物は基本つゆだく。牛すじと下仁田葱のすきやき卵とじ¥980

味よし、センスよし、雰囲気よし。居酒屋感覚で通える美食店『ワインと日本酒 大槻』

以前はいわゆる、がぶ飲みワインのバルを営んでいた店主の大槻さん。「ビールやレモンサワーみたいに、ヴァンナチュールや燗酒も日常的に呑んでもらいたい」と、酒を厳選しメニューも一新。

豪州牛やラム肉のステーキなどのガッツリ肉をはじめ、パクチーやしょっつるなど和洋エスニックの要素も織り交ぜた、既存の食と酒のマリアージュに捉われない「うまい料理」と「うまい酒」がいただける。

酒器や食器にもセンスが溢れ、感度の高い女子も気に入ること請け合いだ。

グリ・ド・カンパーニュ¥680などワインに合うメニューも用意

左.SHACK餃子¥390(3P)。酢醤油で食べるポーク100%の餃子には、余韻にアンズのような風味を感じるチリのシャルドネを合わせて 右. ふたりなら1階のカウンター、グループ利用は2階がおすすめ

新感覚の餃子バルがブームを巻き起こす!『GYOZA SHACK』

餃子が肉料理かと聞かれたら、正直なところ答えは「微妙」である。だが、餡の存在感が際立つ『GYOZA SHACK』の餃子は、まぎれもない“肉料理”。

濃厚な肉の旨みがジュワッと弾ける粗びきビーフの餃子やゴルゴンゾーラとチキンを合わせたゴルチキ、スパイスを利かせたラムクミン餃子は豊富にそろうナチュラルワインとの相性もバッチリ。

唎酒師の資格も持つオーナーソムリエの狩野高光さんにおすすめのワインをたずねて、めくるめくマリアージュを堪能しよう。

本格的な味ながらリーズナブルで、ワイン好きの女性客も多い

左.必ず頼みたい店主自慢の煮物。やわらか豚舌大根味玉煮¥880 右.焼りんご&フォアグラのパルメザンチーズ焼¥1,280、白で一番人気のマコン・ヴィラージュ¥4,500

壁一面の品札が食欲をそそる新宿三丁目のワイン酒場『ばくらいワインダイニング』

料理とワインが豊富で美味しく、たくさん食べて飲んでも懐に優しい。そんな桃源郷が、新宿三丁目の片隅にある。大衆酒場を思わせる、賑やかな壁一面の品札。その料理たちがこれまた魅力的なのである。

肉料理は牛豚鶏から鴨、羊まで、ステーキやグラタン、煮もの、揚げ物なんでもござれ。酒場の定番料理にフォアグラやトリュフがしれっと紛れ込み、ワイン好きを喜ばせるラインアップに心は沸き、腹が減る。

メニューの数々は、「自分が今食べたいものが色濃く反映された本気の気まぐれ料理」と店主。ソムリエが選定するワインは、常時、赤白約50種類、泡約10種類、価格はボトル¥3,800〜と申し分なし!

入口の大きな提灯が目印!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ