中目黒LOVER50人の常連店 Vol.5

ナカメ大好き著名人15名に聞いた!中目黒でリアルに通う店

芸能人やクリエイター、社長やオーナー、シェフやライター。活躍ジャンルも肩書きも違えど「中目黒通」という共通点をもつ各界の著名人15名の中目黒LOVERに聞いてみました、リアルに通う店。

中目黒で店選びに迷ったら是非活用あれ!

駅前の大通り(山手通り)だけでなく、一本入った路地裏や目黒川沿いにも数多くの名店が並ぶ中目黒。

昭和初期に建てられた洋館を改装した一軒家レストラン。こだわりの素材で作るイタリア料理には遊び心がちりばめられ、思わず笑顔に。特別な日にも安心して利用できる。 ©1998-2016 HIRAMATSU INC.

『リストランテASO』

居心地の良さが自慢のカフェ『GLOUGLOU REEFUR』をディレクションする梨花さんが、打ち合わせやプライベートでも昔からよく利用するというのがこちら。

「お店の空気感も気持ち良く、フォトジェニックな内装もお気に入りです」

かつて中目黒銀座にあったカレーの名店、『オレンジツリー』の味を継ぐ店。ランチタイムは、カレー4種と、煮込みハンバーグの5品。レンガに赤い看板が目印

『カフェ レッド ブック』

『Soup Stock Tokyo』を運営する、食のプロがイチ押し。

「路面店なのに、不思議な空間、不思議なママ、不思議な客。現代の東京は、日常のスナックがこうなっている。ステキなことじゃないか。昼のカレーもいいよ」

「カレット コンプレット(ハム、チーズ、卵)」。フランスの田舎を連想させるウッド調の店内で、カジュアルにフレンチが楽しめる店。長野から取り寄せたそば粉で作るガレットが人気。ワインは3000円台のボトルが充実している

『キル・ヌ・タントゥ』

中目黒で80年続くキャンディメーカーの社長がおすすめ。

「最近のお気に入り。小さなビストロで、ガレットが本当に美味しい! 値段もリーズナブルだし、居心地が良くて少人数のパーティにはちょうどいい」

「バスク地方のあさりごはん」。スペインバルの先駆け的な店で、コンセプトは「素材の味に“添う” こと」。どの料理も味付けはほぼ岩塩のみで、吟味された食材の素朴で優しい旨みを堪能できる

『バル エンリケ』

シェフとは昔からの知り合いだという木村氏。

「隠れ家のような立地で、フラリと行きたくなる店。スペインバスク地方の家庭料理が食べられるんですが、なかでもイベリコのハモンセラーノや、あさりごはんがおすすめ」

アーティストの熱い思いを届けるギャラリーのオーナーがおすすめするのは、ひっそりと佇む一軒家レストラン。

「田舎料理のような素材を生かしたシンプルな味付けが気に入っています。〆のあさりごはんは絶品です」

路地裏にある鮨ツウがこっそり通う人気店。無農薬のシャリ、天然もののネタを使って旨い肴と鮨を握る。質が高いのに、おまかせでも1 万円台で堪能できるのも嬉しい

『鮨 尚充』

国内外の人気ブランドのPRを多数手がける小林さんが「まさに私好みのお鮨屋さん」というのがこちら。

「握りもですが、おつまみも最高! 魚のクオリティが高いうえ、出てくるタイミングも◎。すべてにおいて大好きです」

【中目黒LOVER50人の常連店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ