吉田類の酔いどれ時事放談 Vol.5

酒場放浪記の吉田類が国民的グループの解散騒動について一言 → 「酒呑もうか」

一緒に飲んだ人、そしてテレビを観る人皆を、なんだか幸せな気分にしてくれる“偉大なる酔っ払い”吉田類。酒場をこよなく愛する粋な詩人の目線で、基本はおおらかに、時に厳しく、混迷する日本や世界のあれやこれやについて語ります!(やはり酒を片手に)

今回のテーマは、あの人気アイドルグループの解散騒動&あの大臣の金銭スキャンダル!

あのアイドルグループの解散!?騒動、どう思う?

―― いや〜、今年は年明けから芸能界がなんだか騒がしいですよね。つい気になって、ネットのニュースとか週刊誌の見出しを一生懸命追ってしまう日々ですよ!

類「僕はあんまりそういうの見ないけど、それでもある程度は情報が入ってくるくらいだから、さぞや大騒ぎなんだろうね〜」

―― 国を上げての一大事、みたいな空気になったのはなんといっても、あの人気アイドルグループが解散しちゃうかも!?というニュースでしたね。

類「ああ〜」

―― なにせ、安倍総理大臣が参院予算委員会で「存続してよかった」ってコメントしたくらいですからね。あと、石破茂地方創生担当大臣はキャンディーズの解散に匹敵する出来事」とも。アイドル通として有名な石破さんらしいコメントです(笑)。

類「まあ、彼らにかぎらず大変だよね、人気商売っていうのは。必ず陰りが出てくるものだし」

―― そんな厳しい世界で、第一線のアイドルでい続けているのは驚異的だし、それだけに世の中の衝撃も大きかったってことでしょうか。

類「アイドルという単語には“偶像”という意味があるけれど、この一件でどこか、偶像というか、夢が覚めちゃった感覚があるね」

―― 現実的になった、と?

類「僕の句で『虹消えて 泥の水牛 動き出す』というのがあるんだけど、まさにそんな感じ。水牛は“現実”を表しているんだ」

―― うーん、クールな視点の句、という感じが。

類「しかしまあね、一般社会の規準とは違うモノサシがある世界だから、どうのこうの、と外野が言うものでもないねえ、これは」

―― 御意、ですね……。

類「ま、彼らには“一緒に酒でも呑もう!”と言いたいね。そうして、時が流れて状況が良い方向に向かうよう待つのが一番だよ」

―― 類さんと5人の飲み会、楽しそうだなあ。

類「僕だって酒場ではおかげ様でアイドル的人気を誇っているし、歌も歌っているから、仲間だよ!」

―― そういえば! 類さん、新曲リリースしたばかりじゃないですか!

類「そう。『One Scotch,OneBurbon,One Beer』。日本語詞も僕が自分で書いたからよろしく!」

―― 〆はまさかの宣伝!

【吉田類の酔いどれ時事放談】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ