東京婚活事情 Vol.9

商社マンの夫の年収じゃ満足できない!何もかも手に入れたはずの美人妻が不幸な理由

東京で恋愛市場において最前線の女であるためには、美人で頭が良いことは前提となる。

そして彼女たちの一部は、進学、就職、そして結婚から出産と、当然のようにすべて適齢期に希望通りのものを手に入れていく。清楚な女子アナのような外見をしてそんな素振りは全く見せないが、彼女たちの中身はどこまでも貪欲だ。

しかし、それが「幸せ」とは限らない。

<今週の東京婚活女子>
名前:亜美31歳
職業:外資系ラグジュアリーブランド
年収:約700万円
出身:神奈川県
出身大学:慶應大学
住まい:目黒
家賃:20万円
交際ステータス:既婚約1年
好きな食べ物:酢豚
夫:33歳
職業:大手総合商社
年収:約1,100万円
出身:都内近郊
出身大学:慶應大学


「全然幸せじゃない、私すごく不幸だよ。」

どこからどう見ても幸せそうな笑顔で、楽しそうにすら聞こえる口調で答える亜美。髪は綺麗に巻かれ凝ったアレンジがされていて、肌もネイルもきちんとメンテナンスされている。質の良さそうなアンサンブルのニットを着て、華奢ではあるが高価なことが一目で分かるアクセサリーをセンス品良く首や手元に重ねている。彼女が出産して半年にも満たないなんて誰が信じるだろう。

産後の体調が落ち着くとすぐにピラティスのプライベートレッスンに足繁く通ったというが、体型は産前よりもさらに美しくなったように見える。ほっそりとした身体はメリハリがあり、細いピンヒールを完璧に履きこなしている。こんな女が不幸だなんて、一体何を言い出すのだろうか。

「私は何のために、あんなに男の人のことばっかり考えて生きてきたんだろう。最近もう鬱になりそうなの。」

ふぅと溜息をつくときでさえ、亜美は清らかな笑顔を浮かべている。

自分に嘘はつけない。年収3,000万以上の男と結婚したかった。


確かに亜美は昔から、いつも男のことを考えている女だった。男ウケしそうなファッションで、髪形やメイクもいつも清潔感があり、いつも可憐な笑顔を浮かべているまさに女子アナのようなタイプの女。

「正直いうと、年収3,000万以上の人と結婚したいの。もうこれだけは自分に嘘はつけないの。」

今日とまったく同じ笑顔を浮かべて、20代の彼女はいつもそんなことを言いながら出会いに勤しんでいた。悪気は全くないのだが、こういうセリフを素直にサラリと吐いてしまう、昔から少し抜けた女だった。亜美を天然だという友人も多い。

「私はそんなにすごく贅沢な暮らしがしたいわけじゃないの。ただ、お金の心配をしないで港区に住みたいの。そうしたら3,000万くらい必要でしょ?そんなこと言って、一般的にサイテーな女だって言われるのは分かるけど、でも私の目標なの。」

そう言う彼女の表情はとても切実で、真面目な受験生のような印象を受けたのを覚えている。恋愛や結婚に関する本や雑誌を参考書のように読み漁り、美容にも気を使い、定期的に運動をして美しい外見も保っていた。そういった男たちを射止めるための努力は惜しんでいなかったのである。

美人で華やか、そして明るい性格の彼女の周りには、もちろん男がたくさんいた。エリートサラリーマンや医者、お坊ちゃま。実際何人もの男と次々と付き合い、合コンなどの出会いの場にも頻繁に顔を出していた。

惚れっぽい亜美は出歩く先々で、簡単に恋に落ちていた。あれも好き、これも好き。全く悪びれる様子なく、心の赴くままにフラフラと男たちの間を渡り歩き、いつも打算なく真剣に恋をしていた。

そして、亜美は東京恋愛市場の最前線でそんな生活をしながら、いつも清純派アイドルのように穢れないオーラを身にまとう、不思議な女だった。

【東京婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ