サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道" Vol.4

クルマ音痴調教講座:「オシャレピーポーは、なぜカクカクした車に乗っているの?!」

クルマ音痴をなんとかして自動車の世界へ誘う本企画!
自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集員船山に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

今回のテーマは、「オシャレピーポーは、なぜカクカクした車に乗っているの?」。
ということで、"MERCEDES-BENZ G-Class"を題材に、角張ったクルマの魅力について考える!

【サトー's RECOMMEND】MERCEDES-BENZ G-Class。通称「ゲレンデ」。
1979年のデビュー以来、四駆システムや安全装備はアップデートされたものの、その骨格やスタイルは不変。力強い走りが楽しいディーゼルから、モンスターのAMGまでラインナップ。¥10,180,000~

サトー「生産中止の噂があったけれど、ゲレンデは作り続けるらしい」

船 山「いやー、やめちゃだめっすよ。ゲレンデは自動車世界遺産!」

■サトータケシ
1966年生まれ。クルマを得意分野とする、フリーランスのライター/エディター。スーパーカー世代(ご存じですか?)なので角張ったクルマ、背の高いクルマへの興味は薄いが、それでもゲレンデと初代レンジローバーは別格とか。

■編集部員 船山
1982年生まれ。ライターを経て、東カレ編集部へ。東京でも、角張った車を見るエリアは限られている、と感じている。やはり、渋谷区近辺が多い気がする。以前、住んでいた高円寺では一回も見ていないな、そういえば。

発売から37年、いまだに人気のゲレンデ


船山:宇都宮から東京に出てきたばかりの頃、びっくりしたことがあるんです。角張った形のクルマがすごく多くて、特にあのクルマ、ほら、名前なんでしたっけ?ジープみたいに角張った形のメルセデス・ベンツ、湾岸スキーヤーじゃなくて……。

サトー:ゲレンデね。(どういうクルマの名前の覚え方をしてるんだ?)

船山:そうですそうです、ゲレンデです。ゲレンデって聞くと、なんか白くてふわふわした甘いものを想像しちゃいますけど。

サトー:それはメレンゲ。(天然なのか、それともギャグ?)

船山:あちゃー。ま、実物はゴツくて、全然ふわふわしてませんけどね。

サトー:ゲレンデとは、ドイツ語でオフローダーを意味するゲレンデヴァーゲンのことだからね。本気でタフなクルマなんだよ。頭文字の「G」をとって、Gクラスとも呼ばれる。

船山:ゲレンデみたいに、いかにもオフロードを走りそうなクルマをお洒落な街で何台も見かけて驚いたんです。

サトー:ドイツ本国より東京のほうがゲレンデを見かける機会は多いかもね。そういえば一昨年、ゲレンデのデビュー35周年記念の限定モデルが出たんだけど、日本ではあっという間に完売しちゃった。いまだに、すごい人気。

船山:で、当時の彼女が、ゲレンデに乗ってるのはほとんどが芸能人だというガセネタを僕に吹き込んだんです。真に受けちゃって、ゲレンデを見るたびにジャニーズやプロ野球選手が乗ってるんじゃないかとドキドキしながら中をのぞき込んでいました。

サトー:芸能人は乗ってた?

船山:いえ、芸能人はいなかったんですけど、みんな超お洒落ピーポーでした。で、この編集部で働くようになってわかったんです。スタイリストさんとかカメラマンさんとか、クリエーターの方がゲレンデにお乗りなんですね。

サトー:それは言えてる。

【サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道"】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ