東京婚活事情 Vol.8

27歳、女の最高値。高飛車女は、5枚の男という手持ちカードで満足できるのか?

恋愛市場において、女の市場価値はどこで最高値を迎えるのだろうか?

それは女によって様々ではあるのかもしれないが、あの伝説的なドラマでの名言にもなっているように、「27歳がピーク」というのは一般的な意見だろう。

仕事に余裕も出て自由が増える。大人の嗜みも少しずつ覚え、賢さや色気も出てくる。
しかし肉体的にはまだまだ若く、肌はどんどん輝き美貌にも磨きがかかる。

この大都会を彩る主役のような存在。それが東京の最前線にいる27歳の女。

自分が今最高値にいることを自覚している。
都会のアフター5は、着飾って臨戦態勢に入ったそんな女たちで溢れている。


<今週の東京婚活女子>
名前:瞳27歳
職業:大手雑誌社
年収:約450万円
出身:千葉県
出身大学:学習院大学
住まい:麻布十番
交際ステータス:独身
チャームポイント:困り顔

彼氏あり、デート相手4人。「カード」は多いに越したことはない。


「結婚したいですよー。でもどんな人を選べばいいのか、最近もう分からなくなっちゃって。」

明るい白の柔らかそうなニットに身を包み、綺麗にカールされた髪を揺らしながらクネクネと甲高い声で話す今風の可愛らしい女。印象的なのは大きな真ん丸の強気な目。それ挑発的に唇を少しとがらせ、髪をかき上げ細い首を傾ける仕草は自信に溢れている。

「今デートしてる人は4人いて、でも一応彼氏もいます。みんな好きだし、みんな大して好きじゃないんですよね。」

キラキラした笑顔でサラっと軽薄な発言をするのだが、愛嬌のある性格とサッパリとした物言いは不思議と好感が持てる。大学時代から大手雑誌の読者モデルとして活躍していた瞳は、昔からちょっとした有名人だ。男女ともに友人も多く、仕事上出会いも多い。

彼氏はメガバンク勤務の同年代のサラリーマン、デート相手は経営者外銀エリート、そして商社マンが二人だという。それぞれの男たちと定期的にデートをしながら、さらに同じ頻度で合コンにも参加、1日で何件か梯子する日もある。さらに気に入った男と出会えば、デートの回数は増える。

「まぁちょっとは疲れますよ。でも今のうちにいろんな男の人見ておきたいんです。それなりのスペックの人から誘われたら、とりあえずチェックしておかないと。カードはたくさん揃えておいて、後から選べばいいですしね。」

慣れた口調で男たちを「カード」と呼び、綺麗な白い歯を見せながら爽やかな笑顔を見せる。

「27歳って、30歳前後の男の人が本気で口説くのにちょうど良い歳なんだと思います。デートも飲み会も誘いが多すぎて、ついつい予定詰めすぎちゃうんですよね。相手が多少ハズレだったとしても後からネタとして面白いし、飲み会要員や友達に流したりできるし・・・効率良く使いまわします。」

【東京婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ