深夜0時でもご馳走を!覚えておきたい麻布十番の深夜グルメ厳選5軒

夜な夜な遊び人たちが集う麻布十番だけに、深夜グルメの充実度も特筆すべき。こちらでは、22時以降でもしっかりお腹を満たすことができるお店をご紹介。ジャンルの幅が広いのも食の偏差値の高い麻布十番ならでは。麻布十番で遊ぶなら覚えておきたい5軒はコチラ!

岡村光晃シェフがシチリアで出会った一皿を再現した「リングイネ 生ウニのソース」¥2,640

愛され続ける定番メニューをふたりのお決まりとしてシェア『トラットリア ケ パッキア』 CLOSE26:00

飾らず、気取らず、旨い料理を頬張りたい。そんなシンプルかつ究極の欲求を満たしてくれるトラットリア。

紹介する2品は、オープン当初からゲストに支持される定番の人気料理だ。見た目は変わらないが、細部は実は日々進化している。続々と新店や新メニューが溢れる東京だからこそ、敢えて同じものを一緒に食べるということに特別感が生まれる。

ナイフのいらない柔らかな「和牛ホホ肉の赤ワイン煮 リゾット添え」¥3,960

低温で揚げた蕪を添えた「山うずらのロースト」¥5,184

遅い時間の食事も妥協しない手間暇かけた極上のシンプル『ピアット スズキ』LO24:00

2002年のオープンから、色褪せることなく食通たちが夜な夜な集まるイタリアン。深夜12時ラストオーダー、翌2時閉店のため、遅い時間から本格的な料理がオーダーできる点でも心強い。厨房で腕を振るうのは、もうすぐ50歳をむかえるオーナーシェフの鈴木弥平氏。

寒い季節には、山うずらや鹿など一見シンプルながら、何度も火入れを繰り返すなど手を掛けた料理をいただきたい。乾杯は、ザクロなどを使った「季節の食前酒」をぜひ。5000〜6000本を誇るワインも秀逸だ。

フルーツトマトを挟み、パウダー状のオリーブオイルを飾った「ボタン海老のタルタル カリフラワーのサラダ添え」¥2,592

人気の前菜「ブリ・ダイコン・カラマンシー・グリュイエール」¥1,730

遊び心感じる本格フレンチと圧巻の20種類のグラスワイン『カラペティ・バトゥバ』LO24:00

カウンター席が連なるカジュアルな空間だが、供されるのは本格フレンチ。雪をまとったような前菜は、鰤大根からヒントを得たという逸話もユニークだ。

グラスワインは、手頃なものから通常グラス売りしない特別な銘柄まで20種類。ついあれこれオーダーしたくなってしまう。食後には、りんごに惚れ込んで誕生したというアップルパイを忘れずに。

カルバドスのアイスクリームを添えた「果樹園白雲ジョナゴールドのアップルパイ」¥1,200

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ