東京婚活事情 Vol.5

東京婚活事情:港区出身。東京アッパー層の結婚概念と、そのしがらみ

東京都、港区。

大都会の中でも、ひときわ魅惑的な響きを持つエリア。多くの観光スポットが集まるだけでなく、星付きのレストラン、行列のできるカフェ、有名人御用達の隠れ家バーや会員制のカラオケなど流行りの店が点在し、人を常に誘惑する街。そして、トップクラスの高級住宅街としても知られる。

都会生活に慣れている者は男女ともに、一度はこの特殊な街に憧れを持ち魅了されたことがあるだろう。その中でも、ここで生まれ育った者はさらにワンランク上の品格と優越感を帯びて日々を暮らしている。

<今週の東京婚活男子>
名前:彰36歳
職業:実業家
年収:4,000万円(複数企業を経営、経費使い放題)
出身:東京都港区
出身大学:東大学部卒のち海外MBA卒
住まい:麻布台
家賃:持ち家
交際ステータス:独身のち既婚

「わざわざ来てもらっちゃってごめんね。俺、港区から出ると息詰まっちゃうんだよね。」

リッツカールトンホテル45階のラウンジ。必要に迫られない限り東京では滅多に港区外にでないという男は、その広いソファに仕立ての良さそうなクリーム色のジャケットを沈め、下界を見下ろすように窓の外に目をやり、気怠い口調で軽く詫びる。このホテルは、東京タワーさえ下に見下ろすことができる。

「東京出身」という言葉の定義は、3世代に渡って生まれが東京であることだと聞いたことがあるが、彰の家は3世代どころか江戸時代から続く名家だそうだ。実家は港区の高台にあり、その大きな敷地は高い塀の外からは見ることはできない。

幼少期から麻布や白金、広尾といった優雅なエリアで育ってきた者たち。

財閥や政治家の御曹司、大病院や旧華族の名家の娘。ドラマや小説の登場人物のような肩書の人間が至る所に本当に存在する街。たいがい彼らは地元の友人と強い結束を持ち、またその親同士も親密だったりする。そして生まれた病院から幼稚園、大学、そして就職先まですべて同じコミュニティに属している者も多い。

だがしかし、彰は家柄だけでなく本人も相当なインテリで、東大を出て海外でMBAを取得、さらに自身でも様々なビジネスを手掛けているという相当ヤリ手の実業家である。

「でもやっぱり俺はこの辺が好きなんだよね。友達もいるし何でもあるしさ、比較的綺麗な街じゃん。まぁ俺は地元だし、当然落ち着くよ。」

正直、地方出身者とは結婚できないなぁ・・・


「結婚?したいよ。 まぁ、港区生まれじゃなくても仕方ないけどさ、地方出身者は俺ちょっと難しいかなぁ。あと、ぶっちゃけ家にいてくれる人がいいね。同居はさすがにないけどさ、うちの親とも仲良くしてもらわないと困るし。それとそれなりの大学出てくれてて、食事のマナーが身についてる子がいいな。ワインを二人で1本空けるくらいお酒飲めると尚いいんだけどさぁ。あ、誰かいない?」

その歳にしては後退した額をさすりながら答える。中肉中背。ずんぐりとした背中。

スタイリスト付きで選んだという全身ブランドで固めた洋服とカラフルで大きな時計は滑稽にも見えるが、それでもこの堂々とした傲慢とも見える雰囲気のせいで、この一流ホテルにいても一目で上顧客だろうと分かってしまう。特にこのエリアでは、男は外見など関係ない。財は強しなのだ。

「超美人とかじゃなくてもいいけど、清潔感はないとなぁ。あと気が効いて空気読める、物分かりが良くて家庭環境円満な子がいいな。確かに男は女性と違ってタイムリミットはないけどさ、そろそろ家庭持ってないとね。子供も作らないといけないし、1年以内が目処かなぁ。嫁探ししないとなぁ。」

彰の人生に不安要素やリスクはどこにもない。

家柄に加え、財力も十分過ぎるほど。あとはそろそろ安定した家庭を作っておくための嫁を探す。

【東京婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ