これが最終案内!この冬食べたい秘密の鍋 Vol.1

鍋シーズン最終案内!海の幸の出汁が効いた秘密の魚介鍋3選

白身魚と高菜の発酵煮込み¥1,680(1人前)。味の決め手となる塩漬けの高菜は福岡のうきは市から

『味坊』が手がける鍋専門店がオープン!『味坊鉄鍋荘』の白身魚と高菜の発酵煮込み

湯島

予約困難になる前にいち早くホットな鍋体験を!

中国東北地方の料理とナチュラルワインを気軽に楽しめる店として人気を集める神田『味坊』の姉妹店がオープン。羊肉や野菜を使ったメニューが豊富な『味坊』に対し、こちらでは店主の梁さんの故郷で親しまれていた煮込み料理をコースで提供。日本各地から厳選した食材を使い、中国で受け継がれる食文化を再現する。

ラム肉と大根の醤油煮や羊の内臓のスープ煮込みなど、鍋のレパートリーは20種以上。人気沸騰間違いナシの注目店だけに、早めのチェックがおすすめ!

親鶏とナラ茸の煮込み¥980(1人前)

皮つき豚三枚肉のにんにくソース冷菜

蟹を茹でる汁も、蟹の旨みが抜けぬよう蟹の脚先などのアラでとる蟹だしを用いている。活き松葉蟹コースは、¥38,000(1人前)〜。料理はコースの一例

目の前で活け蟹が捌かれる!『きた福』の活き松葉蟹のしゃぶしゃぶ

銀座

冬にしか味わえない美味を存分に堪能

冬の味覚の王者、松葉蟹。その味を堪能するなら、やはりここ『きた福』。活け蟹が捌かれるのを目の当たりにしながらいただく醍醐味は専門店ならではだろう。

刺身、焼き、茹でなど一通りの料理を楽しめるが、白眉はしゃぶしゃぶ。刺身の食感を残しつつ、サッと火を入れることで品の良い甘みを引き出したレアにミディアム、旨みがギュッと凝縮されたウェルダンまで火入れの妙で3段階、異なる美味しさを楽しませる趣向も粋。冬にしか味わえぬ極上の美味をぜひ。

コースの〆は、ふんわりと卵でとじた蟹雑炊。米は、モチモチ感の優れた会津氏郷のコシヒカリ

土鍋で仕上げた蟹雑炊を、銘々の甲羅に入れて供するのが『きた福』流。自家製のイクラがたっぷりサービスされるのも嬉しい

店内は個室のみ。一部屋に1人板前がつき、客の目の前で活け蟹を調理する

外観

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo