これぞ大人の遊園地!あのホテルで名店の北京ダックと高級鮨と国産牛ステーキを一度に味わえ!

2014年10月に全面リニューアルし、今までにないダイニングフロアへと生まれ変わった『ヒルトン東京』の『TSUNOHAZU』。中国料理の『王朝』、和食と鮨の『十二颯』、バー『ZATTA』、肉料理の『メトロポリタングリル』にゾーニングされた美食の空間は行き来が自由で、ゲストは気の向くままに好きな店の料理を楽しむことができ、例えるならば高級なフードコート。

オープンして1年以上が過ぎたが、世界のホテルダイニングのなかでも類を見ない“ボーダレスな楽しさ”に魅了されて通う常連が増え続けているという、『TSUNOHAZU』の魅力を改めておさらいしよう。

「ステーキ」「北京ダック」「寿司」をいっぺんに!が面白い

一流の大人だけに許される背徳にも似た贅沢を
ヒルトン東京『TSUNOHAZU』

数あるホテルの中でも、日本料理、中国料理、グリルレストラン、バー&ラウンジがワンフロアで楽しめる斬新なスタイルを取っているのは、ヒルトン東京『TSUNOHAZU』くらいであろう。

なんといっても魅力は、写真にあるように、皮だけでなく肉も厚めに頂ける『王朝』の北京ダック、赤酢のシャリや藁の薫りづけなど、ネタごとに仕事が光る『十二颯』の寿司、カービングサービスにもモチベーションが上がる『メトロポリタングリル』の国産牛Tボーンステーキなど、各店舗のシグネチャーメニューをひとつのテーブルで味わえること。

『メトロポリタングリル』

『十二颯』

『メトロポリタングリル』はガラス張りのグリルカウンターや、ヒマラヤ岩塩を用いた熟成庫など肉好きの本能を刺激する空間作りにも余念がない。人気のT−ボーンやさまざまな肉が盛られたテイスティングプレートを、美味しく楽しく食べさせるためのスパイスコンシェルジュが常駐しているのも頼もしい。

『ZATTA』はエントランスに位置し、ウェイティングバーとして機能する。真っ赤な壁がゲストのタガをほどよく外し、提供されるのはユーモアに溢れるカクテルの数々。 “お茶漬けマティーニ”“サンデーBBQ”など、その一杯は目の前にあるだけでつい笑顔になってしまう。

『十二颯』の店内には会席料理のテーブル席に加え、白と黒の対比が斬新な寿司カウンターと大小3つの鉄板焼きカウンターを展開。今の季節は鮟鱇(あんこう)鍋やとら河豚(ふぐ)ちり鍋など、冬にピッタリの鍋料理も登場する。

『王朝』は唯一『TSUNOHAZU』誕生以前からあった中国料理店。専用オーブンで焼き上げられた北京ダックは香ばしくジューシー。ほかに数日前の予約で裏メニューとして提供しているパーコー麺も絶大な人気を誇る。

『ZATTA』

『王朝』

まさにありそうでなかったホテルレストラン。その日の気分で中華、和食、グリルと選べるため何度訪れても飽きないし、個室も充実しているのでデートはもちろん、会食やビジネスディナーなど、いかようにも使える。

総面積2171㎡、総座席数532席ならではの開放的な空間で気分も上々、一流レストランなのにフードコート感覚で食事が楽しめる贅沢過ぎる時間を是非。

LINE@、始めました。不定期で東カレWEB最新情報をお届けします!LINE@オリジナルコンテンツもあるかも?

友だち追加数


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ