グルメ著名人&編集部が選ぶ、予約してでも絶対に行きたい名店7選

あのレストランであの料理をどうしても食べたい!そんな気分になる時ありますよね。
「空いてなかったら他でも良いか~」、否!そこでなくては満たされない唯一無二のとっておきの店。

そんな店は、予約してでも確実に行きたい=その人イチオシの旨い店ということになる。

そこで、数多のレストランを取材してきたグルメ著名人&編集部に、予約してでも確実に行きたい名店を聞いてみた。本日と来週の2回に渡ってご紹介。本日は、和食にフレンチ、魚介料理と旬の食材をふんだんに使用した料理が登場。

食の専門家たちが選ぶ、旨いこと間違いなしな名店はここだ!

人気No.1名物の鉄板ホルモン焼き

大阪では知らない人はいない、連日満員店の粉モン『お好み たまちゃん 青山店』

表参道

「ここ絶対、予約取れなくなるね」と弊誌副編集長が唸った。たまちゃんこと玉井哲雄が〝おやじ〞と慕うレストラン業界の重鎮から「やってみない?」のひとことで、7坪のお店を始めたのは2008年のこと。

母の味を忠実に守るオモニの惣菜・鉄板料理・お好み焼きの三本柱で連日満員の大阪本店が、2014年に東京進出!

すじこん、豚肉、イカ、エビ、油かすのたまちゃんデラックス焼き

東京店と大阪店を忙しく行き来するたまちゃんだが、鉄板を打ち付けるこての音は休めず、いつも笑顔でお客さんを迎えている。〝超ミーハー〞なたまちゃんの店には業界人が集い、誰も彼もが〝たまちゃんとこ〞を合言葉に、毎夜集う。

大阪では知らぬ人がいない名物店主の玉井氏だが、「お好み屋はお好み屋のままでええ」という信条の下、ジュウジュウと旨い音を湛えたアテを今夜も作り続けている。

大阪の店舗同様、宇都宮涼子氏作・たまちゃんの笑顔が出迎えてくれる

【推薦者はこの人!】
日紫喜康一郎(東京カレンダー副編集長)

「サクっと顔を出せば元気になって、また明日から頑張ろうと思える場所。たまちゃんの笑い声に癒されます。なにより、本当に何でも美味いんだよね。そして、トマトサワ̶ー(通称T.S)の呑みやすさは危険。毎回ベロベロに……。」

メイン料理は、マト貝、ムール貝、あさりなどをふんだんに使った貝類のレモン蒸し

魚介に特化した海鮮イタリアン!
『ボガマリ クチーナ・マリナーラ』

千駄ヶ谷

メニューがない。理由はふたつ。大分を中心に全国各地から届く新鮮な魚介類は、毎日何が届くかわからない。そして、ケースに並んだ魚介類からどれを選んでどう食べるか、客が店と相談しながら料理が決まっていくからだ。

このシステムは大の魚好き店長のアイデアで、「鮮魚が並び、選べ、それとは別に小皿料理が揃う。自分が行きたい店を考えたらこうなったんです」とのこと。

魚、エビ、カニ、貝…店内には、その日獲れた数十種類の魚介が並ぶ

食材に目移りするし、調理法にも大いに悩む。でも、それが楽しいのだ。だからこそ供されるひと皿は、愛おしく、ことのほか美味しいのだ。予約困難もやむなし。

あのイル・フィーゴ・インゴルドの姉妹店

【推薦者はこの人!】
森脇慶子(フードジャーナリスト)

「新鮮な魚介類を目の当たりにしながら調理法もリクエストできる、その独特のスタイルに、まずワクワクします。素材の持ち味を生かした料理は味も申し分なく、CPも抜群。3~4人で出かければ、より満足度も上がるはず。」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ