1人千円縛り!六本木・西麻布で「せんほろ」可能か編集部で検証してみた

3軒目:『六本座』

生2杯、焼きとん3本でも¥1,000以内

さ、気を取り直して3軒目。ここ『六本座』は見た目から大衆居酒屋の雰囲気を醸し出していて期待度大。

メニューを見てみるとやはり安い。生ビール¥250、酎ハイ¥350に加えて、焼きとんも1本¥150程とこの地ではありがたい。生2杯、焼きとん3本でも¥1,000以内で十分にせんほろ可能。

せんほろの極意③
「合計予算で上手に呑もう」

2軒目の失敗から学んだ我々は、予算を有効利用する策を思いついた。

実は一人では頼めないが、皆で大皿料理を頼めばもっと安く多く料理を楽しめるのだ。

ということで、せんほろの極意③ひとりずつより「合計予算で上手に呑もう」。気づくの遅い? このあたりでお腹はいい感じ。

●お合計9,000円(9人)!ジャストは気持ちいい!

そろそろビール以外も呑みたくなり、ワインが安く呑めると評判の4軒目へ向かった。

4軒目:『西麻布vin』

格安にワインが呑める!

呑みたりな〜い、と4軒目は西麻布へ。カップルばかりのムーディーなお店『西麻布vin』。しかし我々は"せんほろミッション"に必死で周りとの温度差を感じたが、気にせず続行!

ここまで生ビールが多かったので、ここではワインを中心に注文。カラフェ500ml¥980は、ボトル約四分の三本分でこの値段。グラスで頼むよりも断然お得であり、皆でシェア。さらに食事で人気の一皿「パスタペペロンチーニ」は¥380で、なんとピクルスやオリーブと同じ価格!普通にボリュームもある。

せんほろの極意④
「オーダーシステムに要注意」

しゃれたダイニングバーで生中390円! あがる! と思いきや、ここでトラップ発生。こちら380円以上のフードをひとり1品制で、呑むだけは許されず。呑みに夢中で、あと数品すっかりオーダーを忘れてしまった!

ということで、せんほろの極意④「オーダーシステムに要注意」。呑み中心ならば、1軒目や2軒目に入るといいかも?!

●お合計10,752円(9人)!酔いのせいか計算が馬鹿になってしまった!

ということで中々に良い時間になり、これにてお開きに。

ここまで1人千円縛りで4件ハシゴし、この六本木・西麻布という地でセンベロ可能か検証してきた編集部メンバー。いよいよ結論が出る!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo