都会の喧噪を離れて。 Vol.15

近場ではリフレッシュにならない貴方に贈る「そうだ、長崎の温泉行こう」

本格的な寒さになり、冬の訪れを感じる今日この頃。今回は、今の季節にぜひ訪れたい長崎・雲仙や小浜の極上の宿をご紹介します。自然に囲まれた空間で過ごす時間は、きっと素敵な思い出を残してくれることでしょう。

雲仙温泉① 雲仙観光ホテル

出典:relux|雲仙観光ホテル

「観光」という言葉が意味するもの――。それは「国の光を観る」という想い。日本で初めて「観光」という言葉を冠して創業した雲仙観光ホテルは、約80年という歴史が織り成す空間の美と、ノスタルジックな時の流れ、そして時代を越えて受け継がれるおもてなしの心を兼ね揃えた特別な場所です。

出典:relux|雲仙観光ホテル

創業当時の雰囲気を今もなお大切に、がモットーである雲仙観光ホテル。外観や梁、照明やインテリアはそのままに、ウィリアム・モリスの壁紙や猫足のバスタブを取り入れるなど「新しくノスタルジア」をテーマとした客室は、年代を問わず多くの方にとって居心地の良い空間になっています。ホテルのすぐ近くに、雲仙の地獄温泉やビードロ美術館があり、ゆったりとした時間の後は観光も愉しめます。

宿泊施設の住所 :長崎県雲仙市小浜町雲仙320番地
宿泊施設のURL :https://rlx.jp/27715/

雲仙温泉② 九州ホテル

出典:relux|九州ホテル

雲仙の豊かな自然と共に歩んできた、九州ホテル。そこは空と風、そして大地が融合する場所です。創業98年という老舗ホテルは、時がゆっくりと進んでいきます。そんな時を過ごす空間は、露天風呂付特別室や、和風モダン、レトロモダンなどの中からお好みに合わせてお選びください。

出典:relux|九州ホテル

宿泊の際にぜひ訪れていただきたい「百年ダイニング」。クラシカルな雰囲気と雲仙地獄の湯けむりのコラボレーションは、創業当時、外国人が浴衣でワインを楽しんだ頃の雰囲気そのまま。今日でも浴衣でワインをお愉しみいただけます。島原半島の野菜や島原名水地鶏、有明海の魚介類など地元ならではの農産物を活かした和洋創作コース料理を召し上がれ。

宿泊施設の住所 :長崎県雲仙市小浜町雲仙320
宿泊施設のURL :https://rlx.jp/23644/

【都会の喧噪を離れて。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ