美人アパレル広報4名に聞いた会食を絶対成功させる秘訣と都内鉄板店

※こちらの店舗は現在移転しております。掲載情報は移転前の情報です。
 店舗の詳細は下記レストラン情報をご確認ください。

高感度なセレクトショップの敏腕プレス Rさん「『トラットリア ブーカ ジュンタ』は堅苦しくないイタリア現地の雰囲気と美味しいお肉が◎♪」

コースより、茨城県産豚肩ロースのグリル サルサヴェルデ添え。コースは日替わりで変わる。写真は一例

豪快な肉料理と現地の賑やかな雰囲気
『Trattoria Buca Junta』

外苑前

2008年オープン。オーナーシェフ石川淳太氏の男気溢れる料理は健在。だが「料理と同じぐらい、みんな会話を楽しみに来てくれるから」と、フロアでのサービスも積極的。

気の置けない仲間同士にはプリフィックスコースに合わせ、「ワインをどんどん飲んでほしい」と考えたイタリアワイン飲み放題プランがおすすめ。ボリュームのあるセコンドに合わせてグラスを傾ける。そこに石川氏のトークが加わればまたワインが喉をすべり、愉快な夜が深まっていくだろう。

美女プレスRさん おすすめポイント☆

「イタリアの現地レストランを思わせる雰囲気でありながら、石川さんの和やかな接客が魅力。気取らず皆が賑やかにワインと料理を楽しむ、フィレンツェの街角にあるような店で、盛り上がること間違いなしです。お肉料理が自慢で、男性との会食や肉女子会などでは必ずタリアータをオーダーします。」

鹿児島県産黒毛和牛のタリアータ。コースでも注文可。メニューは仕入れ状況などにより変わる。写真は一例

内観

多くの海外ブランドをPR Nさん「『HOUSE』の種類豊富なココット料理は、先方に選ぶ楽しさを与え、その珍しさからも会話が弾む!」

北海道産熟成仔牛モモ肉のロースト キュウリ&グラノーラ&ヨーグルトムース。仕入れ状況などによりメニューは変更する。写真は一例

女子会にも人気のココット料理は秀逸
『HOUSE』

乃木坂

西麻布の路地裏。夜な夜な美女たちが集うのは、アンティークのインテリアが心地よいネオビストロ。彼女たちのお目当ては、新鮮な旬の食材を使い「ストウブ」で仕上げたココット料理だ。

「このスタイルでお出しすると会話が一層弾みますね」とはフロア中川知志氏。これからの季節はさらに活躍の場が増え、テーブルには熱々の状態の料理が並ぶ。料理に合わせてセレクトした自然派ワインと一緒にココット鍋を囲めば、ゲストとの距離もぐっと縮まることだろう。

ストウブ仕上げ。バニラスフレ ひんやり塩アイスクリームは笑顔になるふわふわの口当たり

美女プレスNさん おすすめポイント☆

「気を張らず、会話が楽しめるお店です。ストウブをそのままテーブルへ運んでくれるのですごく盛り上がる!数あるココット料理はどれもクオリティの高いものばかり。またワインサーブのタイミングが絶妙で、とっても気持ちよく過ごせます。」

内観

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo