寒い季節にポカポカ温まる!冬こそ食べたい極上の味噌ラーメン5選

寒い季節に食べたくなるラーメンといえば、やっぱり味噌ラーメン。
本場は北海道だけど、コクのあるマイルドな味噌ラーメンや汁なしの味噌ラーメンなど、都内でも美味しい味噌ラーメンはたくさん味わえるんです。
ここでは、東カレ編集部員が選んだ絶品の味噌ラーメンを紹介しましょう。

『さっぽろ 火武偉 恵比寿店』の味噌ラーメン
編集部員 船山壮太選

恵比寿

以前は池袋にありましたね。旨かった。札幌のお店にも行きました。セブンイレブンで長いことカップ麺にもなってましたね。札幌の『純連』のことです。ラーメン好きには、あまりに有名なこちらのお店ですが、惜しむらく、池袋・恵比寿にあった『純連』は閉店してしまいました。

しかし、そのすぐ後に恵比寿店の跡地にできたのが『さっぽろ 火武偉 恵比寿店』です。『純連』の流れを汲むというか、ほぼそのままの味が楽しめます。こちらのラーメンの特徴は、しっかりとダシを感じる濃厚な味噌スープと、表面に浮かぶ脂。これによって、スープの熱さが保たれるというのは、もはや常識。その他、角切りのチャーシューや、炒めた玉ねぎなどが入るスープは、お鍋の最後よろしく、レンゲにどんな具材が乗ってるくるかわからない、ウキウキ感を秘めている。

麺はこれぞ札幌ラーメンな、森住製麺の黄色い縮れ麺。こいつが、頼り強くいつまでも食感を保ち続けるため、食べ飽きることがない。いつまでもスープ熱々、麺はプリプリ。そんな札幌ラーメンの雄を、恵比寿で気軽に食べられるんだから、ありがたいことよ。

かつて、ラーメン漫画の金字塔ともいえる『ラーメン発見伝』を読んでいた際に、「味噌ラーメンには決定的な欠点がある!……それは、味噌がうますぎるのだ!」と言っていて、高校生の僕は「どんな欠点やねーん!」とずっこけた記憶がある。

しかし、確かに味噌という調味料がうますぎる故、味噌ラーメンで名を成すには相当な努力が必要となるのだろう(味噌に負けないスープやバランスを取らないといけないしね)。そんな高い高いハードルを越え、評判を呼んでいるラーメン店にこそ、改めて敬意を表したい。

『梅林』の味噌ラーメン
編集長 大槻篤選

五反田

生まれは練馬区、育ちは板橋区。やたらとメニュー数が多い、町場の中華料理店を間近に見て育った私はオーセンティックな中華が大好きです。

最近、会社から近いと言う理由でよくお邪魔している『梅林』も、どこか板橋区的な町場感があふれ、はまっております。

で、ここの味噌ラーメンはいたって普通です。味噌は薄すぎず濃すぎずの中間濃度。具材ももやし、キャベツ、ピーマン、ニンジン、タマネギといたって普通。

今の世の中、個性的で華やかな味噌ラーメンが主流ですが、あれってどうなんでしょ? ガチャガチャして原型のない味噌ラーメンよりも、このおとなしくも奥ゆかしい、これが味噌ラーメンの本筋なのではないか、と思うのです。

スポーツ新聞を読みながら、行儀悪くかっ込んであったまる。本来はこれ。星をとったお店もすごいけど、町場の中華は消えてほしくないなぁ。

具材は王道的なもやし、キャベツに加え、ニンジンやピーマンも。いたって普通の味噌ラーメンだが、郷愁を誘う懐かしい味わい

みそ¥800。お願いすればミニライスもつけてくれるそう

『一点張』の味噌ラーメン
編集部員 守屋美佳選

赤坂見附

東京の中でも夜が長いエリアのひとつが、赤坂だと思います。深夜まで蛍光灯のあかりが消えない会社、朝まで賑わうお店が集中する赤坂で、味噌ラーメンといえばここ『一点張』です。

炒飯や餃子などサブメニューまで美味しいと評判ですが、やっぱりここでは看板メニュー味噌ラーメンを頼まなくては!
北海味噌と京味噌の合わせ味噌に、噌鶏ガラ豚骨&魚介の清湯を使用しているというスープは「味噌ラーメンってこんな味だっけ?」と思ってしまうくらい奥深い味。人生で一番美味しい味噌ラーメンは北海道で食べた、と信じきっていましたが、東京は広いです。北海道と戦えるレベルに美味しいスープがこんなに近くにあっただなんて!

お店は日枝神社のすぐ近く!麺好きの方には『希須林』の近く、と言えば伝わるはず

ゆでたまごはスープしみしみ、箸ではさんだら黄身がじゅんわ~とでてくるタイプでないと嫌だったけれど、たまごそのものの味が残る茹で加減が、濃いスープの中でアクセントになっています。

11時から朝の4時までオープン、40年以上変わらないというのもこのエリアで生きる大人っぽくて、なんだかかっこいいです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ