汐留タラレバ娘 Vol.9

汐留タラレバ娘:叶うものなら、アウディの彼氏!

前回までのあらすじ

独身34歳3人組、アキコ、貴理子、なお美。化粧品会社で、経理課長代理として働く島田アキコは、仕事もそこそこ順風満帆だが彼氏はいない。「最後の独身男」として女性たちから絶大な人気の玉置孝太郎からデートに誘われたことをきっかけに好意が芽生えるが、後輩の藤咲愛を始め数多の女性との浮いた噂に落ち込むアキコ。そんな中、二度目のデートの誘い。土曜日、鎌倉、ドライブデートと三拍子揃った好条件に有頂天なアキコは・・・

前回:34歳独身女、ドッキドキのLOVEメール&ドライブデート・・・!


「叶うものなら、アウディの彼氏!」

昔、なお美と、貴理子と、車と男の関係について盛り上がったことがある。自分の立場と価値に両目をつぶって棚上げして、好き放題こき下ろす恋愛談義の何と愉しく下品なこと。

男の性格と、車の趣味は似ているとはよく言われることだが、男性にとって、車は、自分の自信を強化する存在か、自信のなさを補完する存在のどちらかに当てはまるらしい。ブランド志向が過ぎても浅はかだし、燃費重視でも色気がない。様々な観点から導き出した、アキコたちの理想の車は、適度に品があり落ち着いた高貴さがありながらも野性味を帯びたアウディ。

翻って今。玉置のアウディの助手席に乗り革張りのシートにもたれかかっている自分の状況が夢のようだ。

—白馬のアウディに乗った王子様・・・—


意外にもフォークソングが流れるアウディのギャップにアキコは思わず笑うと、玉置が察したように反応する。

「あ、親父だなって思ったでしょう。好きなんだよ。フォークソング。特にチューリップのこの曲。」

そう言うと、玉置は歌い出した。

あぁ、だから今夜だけは君を抱いていたい。あぁ、明日の今頃は・・・・

その熱唱ぶりに思わずアキコも肩の力が抜けクスクスと笑うと玉置は益々拳を効かせて歌い出した。藤咲愛のことやら、その他の女との噂やら、聞きたいことは心の中に渦巻いているけど、そのドロドロの感情に蓋をして、アキコも一緒に口ずさめば、緊張がするするとほどけて表情が柔らかくなっていくのが自分でもわかる。

玉置は、そんなアキコを横目で見ると、微笑んで、アクセルを踏んだ。第二京浜に乗ってしまえば、鎌倉まであっという間だ。

【汐留タラレバ娘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ