流行りの肉寿司!口に入れたらとろける肉寿司6選

肉寿司が最近流行中!レバ刺しが規制で食べられなくなった代わりに、きちんと処理した「肉寿司」が食べられるお店がどんどん増えているのだ!

口に入れたらとろけるような肉寿司が都内で楽しめるお店をご紹介しよう!

とろけるような馬さしの肉寿司

舌の上でとろける馬肉寿司『うまえびす』

恵比寿

2015年11月にオープンしたお店がこちらの『うまえびす』。身体にもよく、舌の上でとろけるような馬肉の寿司がいただける。

「馬肉」は、美しく健康になれる食肉。しかしなぜ牛豚鶏ほどメジャーでないかというと、生産費が高くかかり、流通価格も高くなってしまうからなのだ。

こちらは安全にこだわった独自の流通ルートを持ち、店舗で安く提供することが可能となっている。

肉質がきめ細やかでとろけるような肉寿司を味わおう。

馬肉寿司うに添えと炙りハラミ

またあぶりで頂く肉寿司もたまらない。

贅沢にうにが添えてあり、かつハラミの肉をあぶることで、肉の脂が溶け出し、口の中ですっと消えてしまうほどの美味。

これは舌の上のマジック?と思わせるほどのとろけ具合、ぜひ一度ご体験あれ。

尾崎牛の炙り肉寿司(手前)&山形牛の肉寿司(奥)。仕入れ状況などによりメニューは異なる。写真は一例

全席個室で味わう贅の極み“幻の尾崎牛”
『西麻布 けんしろう』

広尾

『西麻布 けんしろう』は2015年8月にオープンした。オーナーシェフ岩崎健志郎氏は自ら全国を廻り、生産者の方々と出逢い、彼等の想いとこだわりを理解し共感した上で厳選した素材だけを仕入れている。

月に30頭しか出荷できない「幻の尾崎牛」もその一つだ。

お店のコンセプトは「すべては、最高の肉を引き立てるために」!最高級の繊細な肉から、ホルモンまで、焼きのスペシャリストが最高の状態に焼き上げた肉を提供する。

認定生食用食肉取扱者の資格有り。品質はまちがない。

肉寿司も尾崎牛はあぶって脂のとろけ具合を愉しみ、山形牛はしつこくない肉質をそのまま味わうという、肉の味の変化が楽しい。

心よりくつろいでもらえるよう、全席個室になっているのも嬉しい。デートにもピッタリの店だ。

「生肉専門店」だけあって、黒毛和牛のレアステーキや和牛ユッケも頂ける。

メニューがほぼ生肉!注目の生肉専門店『らんぷ×らんぷ』

吉祥寺

こちらも2015年7月にオープンした生肉のお店だ。店主の国分氏が「自分が好きな生肉を追求したい」と、国家基準の生食許可を得て黒毛和牛の肉刺し専門店を開いた。

今は規制が厳しくなり、生肉が食べられる店があまり多くないという現状だが、こちらの店は国の許可をきちんと受けており、肉の処理も丁寧。

黒毛和牛のレアステーキ、和牛ユッケ、オリジナルの甘辛ダレの生肉がご飯に乗った牛トロ飯などが人気だが、やはり素材の良さがよく分かる生肉の握りははずせない。

黒毛和牛の赤身の握り

まぐろでいうところのトロより赤身派のように、肉の淡泊な味が好きなら「赤身握り2貫セット」で味わうもよし、よくばりに全種類味わいたい方は、「握り盛り合わせ」を頼んで霜降り、赤身、ウニねぎ軍艦を食べ比べるもよし。

アイデア豊富で常に新メニューが考案されるのも楽しい。一度は足を運んでほしい注目の生肉のお店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ