銀座の一流クラブのママがやさしく教える、粋な"同伴"&"アフター"の極意

一度は、憧れる〝銀座のホステス〞との同伴&アフター。しかし、いったいどうやって誘えばいい?
そこで、百戦錬磨のふたりのママに、粋な同伴&アフターの極意をやさしく教えていただきました。
併せて同伴とアフターで使える、銀座のおすすめ店もご紹介。

◎初めての同伴 王道ガイド

同伴は入店前の限られた時間を、いかに効果的に使うかが大事。相手を知り、自分を知ってもらう一番の近道は、おいしい食事! 銀座の〝鉄板〞レストランの情報とあわせ失敗しない同伴をシミュレート!

入店時間まで気遣うのが最低限の同伴のマナーです

〝余裕〞を忘れずにスマートな振る舞いを

同伴のマナーを教えてくれるのは、各界の著名人を顧客にもち、自らが同伴の〝主導権〞を握ることも多いSママ。経験豊かな銀座の女性を同伴に誘うときの作法をたずねてみた。

「当店では20時半までに店に入らなければいけないので、待ち合わせも含めて流れがスムーズであることが肝心。行き慣れたお店のほうが勝手がわかっていいですね」との答えが。それでは、どんな誘い方が粋?

「旬のものを食べにいこうというのはスマートだと思います。その季節にしかいただけないお料理って特別な魅力がありますし、女性はおいしいものが大好きですから(笑)」

相手の好みをあらかじめ聞いておくのも手。無理強いすることなく、あくまでさりげなく振る舞うのが真の遊び上手とすみれママは言う。
 限られた〝シンデレラタイム〞は男の余裕が試される場でもあるのだ。

銀座以外の店ならタクシーで送って

同伴シュミレーション

15:30 いざ、ママ出勤!
一日のはじまりは、髪をセットするためにまずは美容院に直行

16:00 美容院でおめかし
美容院で髪を整え、仕事モードにスイッチ!価格は¥2,100ほど

18:00 ランデブー
味だけでなくサービスの良い店を選ぼう

20:30 ゴール!同伴出勤
同伴店から距離がある場合は、事前にタクシーを呼んでおくのが吉

下調べを忘れないでね

同伴に誘う3カ条!

①同伴は20時30分までに入店できる店を選ぶべし
クラブが決めた入店時間を守らないのは、同伴のルール違反。『クラブ利恵』では20時30分がタイムリミット。それを逆算して、18時には同伴の店で合流すること。

②下調べしてから誘うべし!味だけでなくサービスも重要
ママやホステスを誘う場合、自分で行ったことのない店は避けるように。店側のサービスが良くなければ、当然、相手も気分を悪くする。名誉挽回には多額の私財を投じなければならず、本末転倒に。

③やはり好感度が高いのは旬味が楽しめる店なり
いわずもがなだが、売れっ子ホステスはいろんな店の味を知っている。そんな中、初心者が平凡な印象から抜け出すには、旬モノが正解。「来月は、アレが旬だね」なんて、次回の同伴の約束も早い。

ママが薦める同伴の鉄板店はココ!①
『銀座 うかい亭』

贅を尽くした料理を接近戦のカウンターで鉄板焼の最高峰との呼び名も高い『銀座 うかい亭』。

和の建築美と西洋美術が融合した非日常的なカウンターでは、厳選された魚介や特選黒毛和牛のステーキを味わうことができる。

熟練シェフの創意が尽くされた料理で優雅なひとときを。

ママが薦める同伴の鉄板店はココ!②
『銀座 小十』

これぞ切り札。銀座が誇る日本料理の名店。2012年6月、ソニー通りから並木通りのビル内に店舗を移し、新たなるスタートを切った『銀座 小十』。

オープン以来、おまかせコースで勝負し続ける。日本料理の名手・奥田透氏が最高の食材を用いて生み出す美味で、三ツ星の同伴を楽しもう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ