こだわり抜いた究極のコーヒーを出すと噂の都内ホテルTOP3はここだ!

コーヒーはオーダーが入ってからお客の目の前で作られる

移転したあの名門バーで昼間のコーヒーブレイクを『ホテルオークラ東京』

神谷町

2015年8月31日に53年の歴史に幕を閉じた『ホテルオークラ東京』の本館。その館内にあった『オーキッドバー』が、2015年9月中旬から別館の12・13階で営業を再開している。

12階はシガーバー、13階はなんと貴賓室であった場所で、もともと昼から営業する店舗であったけれど、移転後は窓から日光の入る空間へと変化した。

本館での営業時から常連たちの密かな定番となっているのが、実はサイフォンによって淹れられたコーヒー。サイフォン式の特徴は、まろやかな口あたりと、温度が下がっても豆のエグみが出ないこと。

クリアな味わいのコーヒーは冷めても美味しい。豆はそのときどきのいいものをコーヒー店が選りすぐってブレンドしている

つまり、あくせくせずに飲めるコーヒーでもあり、いっとき仕事のことを忘れ、寛ぎを求めにやって来る人々にとっては好条件な1杯なのだ。それも、お替わりは自由(1回のサイフォン内)なのでよりゆっくりしていられる。

またバーらしく、お客のなかにはこのコーヒーにリキュールを垂らしたりアイリッシュコーヒーにアレンジをお願いする男性もいるとか。空間とサービスが愛されているホテルは、コーヒーのある時間もどこまでも小粋なのだ。

サイフォン式は下にセットされたフラスコ内の湯が上がりコーヒーが抽出される

元はシガーバーであった12階。ソファやテーブルは本館にあったバーと同じものを使用 コーヒー¥1,100(税込サ別)

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo