こだわり抜いた究極のコーヒーを出すと噂の都内ホテルTOP3はここだ!

気温や湿度により状態も変わるため、コーヒーの味は毎日微妙に違い、それを逆に楽しんでいるお客もいるそう

ひと晩かけ1滴ずつ抽出する30年以上続く名物コーヒー『山の上ホテル』

御茶ノ水

3秒に1滴しか落ちないコーヒーは、出来上がるまでに12時間以上をも費やす。

しかも空気や水圧で中の様子も変わるので、こまめに見守っていないといけない。

水出しコーヒーの機械はアナログで効率が悪いのだ。それでも水出しを採用しているのは、同ホテルが“人の手を介して作るもの”にこだわっているから。

もちろん、水出しならではの仕上がりにも自信をもっている。球体の中にセットされた氷は少しずつ溶け、その氷水はコーヒーの酸化を極力抑えることができる。

濃い口なのでそのままカフェオレなどのベースとしても使われている

結果、渋みや雑味のないコーヒーが出来上がるのだ。優しくゆっくりと落ちる水滴は、挽いた豆に刺激を与えないので、クリアでいて濃い味にも仕上がる。そんなコーヒーはウェッジウッドはじめ一流の陶磁器に注がれ振る舞われる。

そう手間暇のかかった贅沢な1杯は、700円とホテルにしては良心価格。サービス料はとらない。

その背景には、“地域のみなさんにも愛される場所に”というホテルの信条があり、その姿勢がまたこのコーヒーを美味しくしてくれるのだ。

豆は創業80年以上の老舗『キャラバンコーヒー』に注文しており、コロンビアベースのブレンド

『コーヒーパーラー ヒルトップ』の店内。コーヒー¥700、ケーキセット¥1,140

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo