これで北京ダック!? 連れて行かれた人が絶対驚く名店6選

「3 5:30」「How much brownづけ」って何モノ??

乃木坂

『ラボンバンス』といえば、毎月変わる「謎かけのメニュー」が愉しい。

例えば、これ。
①「How much brownづけ」
②「3 5:30」

この斬新メニューこそがホスピタリティの新スタイル。
あなたは、これが何のメニューがわかっただろうか???

そもそも、店名からして意表をついている。
知らなければ、間違いなくフランス料理の思うだろうが、歴とした日本料理のお店だ。

シェフが毎月繰り出しているのが、この摩訶不思議なメニュー。それは、実際の料理が運ばれるまでのワクワク感を高めていただくための”おもてなし”。一緒に来た人と「これはどんな料理なのかな?」と推理したり、語り合う楽しさが味わいを増す調味料になるという。

食べる前のワクワクと、味わった後の安心感、そして大満足の美味しさ。この緩急のつけ具合が人気の秘密と見たり!

①の正解がこちら。「3 5:30」=秋刀魚ごはん

②の正解がこちら。「How much brownづけ」=冷製いくら茶漬け。

※『すし久遠はなれ』は、『すし久遠』と統合し本店のみの営業となっております。

店の扉にさえ看板はない。その扉を開けると突如鮨屋が広がる。内密な話をするときや、家族3世代で来たいときに重宝。貸切だからとことん自由。

持込みOKはお酒じゃない。
DVDの持込み可&テレビゲームまで許される鮨屋

代々木上原

決して自力で見つけ出すことはできない鮨屋である。住所は非公開で、看板もなければ、予約用の電話もない。
商店街のとあるビルの2Fに、『すし久遠はなれ』は居をかまえる。そう、この店は代々木上原の『すし久遠』が造った、貸切用のプライベート店なのだ。席数はわずか6つ。

そしてその席の後ろには三畳ほどのスペースと、なぜか大きなテレビが置いてある。子連れのゲストが鮨を楽しめる環境となっている。
もちろん、貸切には2組のカップルの利用や、VIP接待などでも利用可能なのだ。

完全なおしのび空間であるため、著名人たちもこのはなれで鮨を堪能することがあるのだとか。リラックスしながら鮨とつまみを食べれば、酒の味も格別だ。また驚くのが、なんと部屋料はなしということ。極上のプライベート鮨を、良心価格で楽しむことができる。

予約は『すし久遠』の番号へ。本店が満席の場合に自動的にはなれのほうへ流れることもあり、運がよければふたりで貸切状態となる。

きぬかつぎ、銀鱈の西京焼き、しま鯵のごまあえといったつまみの一例

右はマグロのづけ。『久遠』の鮨はつまみ10品と握り10貫が交互に出てくる

カウンター8席のみ。オープンキッチンで調理した料理を目の前で盛りつけてくれる。

全席カウンターのシェフズテーブルスタイルの中華

白金高輪

原勇太シェフは松戸で『中国麺飯勇』を開いていていたが、白金に場所を移し2014年5月に『私厨房 勇』を開店した。

主体となるのは8品前後のコースメニュー。原シェフが丁寧にゲストの要望を聞いてくれて、ゲストの好みに合わせてくれる。
私厨房というネーミングは、香港でシェフが限られたゲストを招いて振る舞う「シィフォンチョイ(私厨菜)」から。

ゆったりとした、わずか8席のカウンターに座れば、眼前の光景に、心も浮き立つ。

「天然車海老の中国野菜の炒め」油通しの後でさっと湯通し、軽い仕上がり。

実は中華なのにカレーがある!アラカルトで楽しめるので〆カレーとしてもGood

ワインの種類も豊富で、中華とワインのマリアージュを楽しみたいゲストにはたまらないだろう。

「次回はよりお好みに寄り添う料理を、お出しできればと思います」

シェフズテーブルであるがゆえのオーダーメイド感覚。こんなリピート心をくすぐるシェフの一言も嬉しい。

極めつけは21時以降はアラカルトがあるという点。実は中華なのにカレーがあるという話も。白金界隈に住む読者には21時以降にサクッと入って気軽にアラカルトで楽しめるという点は朗報だろう。L.Oは23時。

全席カウンターのシェフズテーブル。これが東京カレンダーが読者に提案したい、中華トレンド最前線だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo