ピリ辛!煮込み!肉巻き!本場の韓国料理を味わえる名店3選

カムジャタン、サムギョプサル、ソルロンタン! 東京で本場の韓国料理が食べられる美味しい店をあなたはいくつ知っていますか? 東京カレンダーがここだけはぜったい押さえておくべき韓国料理の名店を紹介します。

カムジャタンは韓国味噌、唐辛子、焼酎などが入ったソースに豚骨スープを加え作る鍋料理。¥3,300

唐辛子もたっぷりのカムジャタンを食べるなら『ヒョンブ食堂』

豚の背骨とジャガイモを煮込んだ辛い鍋“カムジャタン”は『ヒョンブ食堂』がおすすめ。
別名“美肌鍋”と言われるほど肌に効く栄養素が豊富。豚の背骨からコラーゲンが溶けたスープにジャガイモがたっぷり入り、そのジャガイモが含むビタミンCは熱を加えても壊れない性質をもつ。
この鍋は、ビタミンB1の宝庫である豚肉、そして酵素や抗酸化物質が多く含まれる野菜を山盛りに食べられるので、食後は代謝が活発になりカラダがすっきり軽くなる! 燃焼させる効果のある唐辛子のカプサイシン、疲労回復や食欲増強を促すニンニクもスープに大量に潜んでいるという、カラダにとっていいことづくしの鍋なのだ。
食べきれなかったら包んでくれるので、好きな野菜を足して自宅で栄養鍋をしなおすのもあり!

壁一面に著名人の残したサイン色紙。計200種類以上ものメニューがあるため、厨房では常時さまざまなスープが煮込まれている

社長秘伝の味噌がまた旨い。野菜に肉、味噌、ネギを巻いて食べるサムギョプサル。セット¥3,600

女性が喜ぶビタミン豊富なサムギョプサルを食べるなら『やさい村大地』

野菜が主役のサムギョプサル専門店『やさい村大地』には、女性客のリピーターが多くいる。というのもここのサンパセットは、食べ放題の15種類以上の包菜、200gの豚肉、4種のおかず、ネギサラダ、麺かごはんがついてほんの¥3,600という超特価。
野菜は契約する農場から毎日採れたてのものが届き、店の野菜専門の冷蔵庫に瑞々しいまま並べられている。
このセットではビタミンB1の宝庫である豚肉、そして酵素や抗酸化物質が多く含まれる野菜を山盛りに食べられるので、食後は代謝が活発になりカラダがすっきり軽くなる!

店は赤坂にある。サンチュ、エゴマの葉、クレソン、チンゲン菜など、常時15種類以上の野菜が食べ放題だ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ