カレー激戦区・神田でも別格!老舗洋食屋のカツカレーがベタに旨い!

curated by
日紫喜 康一郎

『エチオピア』『ボンディ』『共栄堂』『まんてん』『カーマ』『マンダラ』『ペルソナ』『メーヤウ』。神保町・神田エリアはいわずと知れたカレー激戦地区だ。ラーメンや蕎麦の名店もこの地には多く、東京でも最もランチタイムにテンションが上がるエリアといっても過言ではないだろう。

そんな中で、今回、リコメンドしたいカレーは巷のまとめ記事では出てこない?!老舗洋食店のカツカレーだ。

その店は『七篠』。かつては神保町にある大手出版社・小学館のビルの地下一階にあった名店だ。そのビルの立て替え工事にともない移転。今では神田駅近辺に店を構えている。

移転後の店は、旧店と違い自然光も入り明るく、綺麗で今風の作り。以前はなかったカウンター席も登場し、お一人様でもより入りやすくなった印象だ。

ランチタイムの海老フライ(¥1,300)はもちろん鉄板に旨いのだが、ここはカレーも絶品。和牛スネ肉ビーフカレー(¥1.030)もいいが、プチ贅沢に秋田産豚ロースカツカレー(¥1,600)をセレクトしたい。

カレーを一口食べれば、まずは甘みが最初に口一杯に広がる。その後にスパイスと、野菜や肉の旨味が押し寄せてくる。サラッとした粘度ながら、上品にしてコクあり。シェフの丁寧な技術によるものだろう!

辛い!という感じではないのだが、食べ進めると、じんわり額に汗が。これ、これ、これ!カレーはこうでなくっちゃイケません!

そしてカツ。綺麗なキツネ色の衣はさっくさくの軽い食感で、赤身部分は柔らかくてジューシー。何よりも脂身がうまい。通常のカツカレーの「ただただ油っぽい」感じとは一線を画す上品さ。さすがフライにも定評のある老舗洋食店でだろう。

なんでもシェフはかの名店『北島亭』で修業をした方だとか。厳選した素材、確かな技術、納得である。

そしてカレー、特にカツカレーには必須の中濃ソースもテーブルに。ジャブジャブかけたくなる衝動を抑え、あくまでも控えめに。ソースをかけることで、よりカレーのスパイス、味わいが感じられるようになるだろう。

そして最後にカレーを待つ間に必ず頼んでほしいのが、この海草サラダ(¥500)。ワカメ、タマネギ、コーンというシンプルなものだが、ドレッシングとの馴染みが最高!これで休日なら(このランチは休日でも食べれます!)ビールも進みそうだ。

神田駅、もしくは小川町駅から徒歩5分程度。以前の神保町の時よりも、むしろ分かりづらい立地ゆえ、行列が少なくなったイメージもある。いずれにせよ、このカツカレー、是非に一度、食べて頂きたい!

東京カレンダー本誌目黒号購入はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo