銀座で23時ラストオーダーOKの極上レストラン5選

美食都市東京の中でも、名実ともにもっとも名店が集まっているのは「銀座」ではないだろうか。しかし、美味しい店が多いけれど、夜の店じまいが早いという悩みもある街である。

そんな「銀座」の救世主、深夜23時すぎてもラストオーダーを受けてくれ、しかも美味しい食事とお酒がいただける店をご紹介しよう。

遅め集合のデートや、残業後のごほうびにちょっと一杯など、夜の銀座の心のオアシスはここだ!

『加藤牛肉店』L.O. 23:00

銀座の肉食深夜族の味方と言えばこちらの『加藤牛肉店』。

店で提供する牛肉はすべて、山形牛のなかでも未経産牛のみ使用。赤身は甘く、脂はキメ細かくサラリとした味わいで、この肉を使用した手ほぐしコンビーフも有名な人気店だ。

この店で夜中に食べたい丼と言えばこちらの「サーロイン丼」。その日によりオススメの部位は異なるが、コクがあってジューシーなランプや、牛肉のなかでもっとも柔らかいとされるシャトーブリアンにも変更の相談が可能だ。

醤油に生の玉ねぎやエシャロット、みりんなどを加えた甘辛いタレが肉と米と混じり合って、至福の味を生み出す。

21時までは、おまかせ1本のみでコースにこの贅沢な肉丼は含まれないが、追加でのオーダー率がすこぶる高いそうだ。深夜まで営業しており、銀座のBARで飲んだ帰りにこの極上丼を是非、体験されたし。

ダメと思いながらも一口食べれば、もう止まらない・・!?

京都と江戸のコラボ、鱧柳川風

『銀座大野』L.O. 26:00

『銀座大野』では、正統派の懐石料理をはじめ、20:30からは新鮮な魚介や、素材の持ち味を生かした温・冷菜、鍋物などもアラカルトで楽しめる。

フランスや沖縄など、様々な土地で料理を追究してきた料理長の大野敏彦氏が編み出す逸品の数々には、ソムリエでもある丸山大輔店長厳選のワインをぜひ。

オザミグループ唯一の和食店として、自然派ワインを約250種揃えているのだ。メニューは月替わりのため、「来月はいつにする?」と、毎月誰かを誘いたくなる店である。

西京味噌、八丁味噌、鰹節と鴨のフォアグラを合わせた自家製フォアグラ三種の味

気さくな大野氏。一見客でも安心だ

カウンターの奥で展開する調理風景も楽しい

『ヴァプール』L.O. 26:00

有名店が居並ぶ銀座のコリドー街で、ひときわ賑わいを見せるフレンチバル。フランス語で「蒸気」を意味する店名の通り、厨房の奥では巨大な蒸し器がフルに稼働する。

自慢は宮城産の魚介類や、季節野菜などをふんだんに使った蒸し料理。入り口付近の立ち呑みスペースは酒の肴を、奥では本格フレンチを提供するという二面性も魅力的だ。

立ち呑み屋に慣れているなら、あえてスタンディングスペースでメイン料理をいただくのもいいだろう。それもまた、銀座の夜の楽しみ方の一手なのだ。

アスパラのブイヨンを使った、アスパラガスとサーモンのテリーヌ

トリュフ入りの自家製のソーセージ、ブーダンブラン

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ