あなたの好みはどのタイプ?みんな大好きポテサラ9選

タイプ C. 創作系

生ハムの切れ端と和テイストがマッチ
『29 Rotie』

南大塚

店主は燗酒をこよなく愛する、名酒亭『串駒房』出身の江澤雅俊さん。極上の生ハムとの出会いから、燗酒との意外なマリアージュを発見したという。

この店のポテサラは、ピクルスではなく、きゅうりの古漬けを入れて日本酒と相性が抜群な仕上がりに。生ハムの切れ端も入っているバランスのいいポテサラだ。

店で扱う生ハムは16カ月熟成のサンダニエーレやイタリア原産種の幻の豚・チンタネーゼなど約8種。本格的なスライサーを備え、切る度に真空パックして酸化を防ぐため、専門店でしか味わえない口どけのよさが自慢の逸品だ。

燗酒とポテサラいう未体験のマッチング。これは日本酒にニューワールド到来の予感。

カレーの風味とほくほくポテトがマッチ!
『宮わき』

荒木町

荒木町で人気を博した『魚縁』で料理長を務めた経験もある店主。「独立するなら、馴染みのある荒木町がよかった」と語る。

そんなお店で提供されるポテサラは、なんとカレー粉を加えたポテトサラダを蒸し器で熱々にし、上からパン粉とチーズをかけて弱火で焼いた人気メニュー!

経験値の高さを感じさせる手の込んだ料理と、気取りのない雰囲気で人気急上昇中の和食店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo