最後の一日に密着! さようなら、ホテルオークラ東京!

curated by
船山 壮太

2015年8月31日、『ホテルオークラ東京』本館が53年の歴史を経て、幕を閉じました。今回は最終日の夜に行われた「フィナーレコンサート」と、消灯式などの様子を、写真を中心にお伝えしたいと思います。

「世界に通用する本物のホテルで、しかも欧米の模倣ではなく、日本の特色を出したホテル」(大倉喜七郎)。

その確固たる信念と美意識のもと建築されたホテルオークラ東京は、国内のみならず、海外からの評価も高く、本館の取り壊しが決定した後は反対の署名運動が起こったほどでした。

本館閉館後は、9月1日(一部、9月15日)より別館での営業がスタート。レストラン・バーをはじめとする主要施設は、そちらに機能を移します。最終日には、各レストランを本館で楽しもうとするお客様が訪れ、ラストオーダーのときを静かに待ちました。

本館のリニューアルオープンは2019年。改修後はオフィスが入居する41階建ての高層棟と、ホテルのみの16階建ての中層棟が建設される予定。日本を代表するラグジュアリーホテルが、東京オリンピックを前にどのように生まれ変わるのか。非常に楽しみです。

フィナーレコンサートには、指揮者の大友直人氏をはじめ、毎月行われていた「ロビーコンサート25」の出演者が集った

「モダニズム建築の名作」と称されるホテルオークラ東京。坂の上というロケーションも印象的だった

23時には本館が閉館。メインロビーのオークラ・ランターンが消える。その様子を見ようと、多くの方が残っていた。ランターンが消えると、拍手が起こった

本館閉館とともに、従業員が並び、ゲストをお見送りしている様子

青と黄のライトが輝く。多くのギャラリーが最後の瞬間を待った

24時。本館ライトアップ消灯。これが本当の最後。涙をする人も多く、みなライトが消える瞬間を固唾を飲んで見守った

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ