いま、中目黒は槍ヶ崎“裏”がアツい! 賑わう深夜酒場4選

鎗ヶ崎の交差点の脇を入った周辺に広がるこのエリア。実はここ、中目黒通にとっては目黒川沿いや山手通り沿いよりも、ついつい足が向いてしまうホットスポットなのである。深夜までワイワイ飲める店も多く、近隣で働く仕事帰りの人や地元の人、外国人客などが目立つ。とはいえ、外様お断りの雰囲気はなく、普段着感覚で通えるオープンな店ばかりなので、よそからの訪問でもご安心を。一度ここを訪れたら、その魅力に毎晩通いたくなるはずだから。

活気あふれるモロッカンスタイルの店内。2階にはモダンなソファ席も用意

深夜まで営業するモロッコ調のスパニッシュイタリアン『RIGOLETTO SHORT HILLS』

こぢんまりとした店が多いこのエリアで、ひと際目を引くガラス張りの広い店内。

タジン鍋などスパイスを多用したモロッカンテイストの料理が味わえ、種類豊富なタパスは¥500~、¥2,500のボトルワインが充実していたりとリーズナブル。しっかりディナーもサク飲みもでき、アラビック模様が美しく輝くフロアはデートにもぴったりな雰囲気。

しかも朝4時まで営業! という三ツ星級の使い勝手の良さで、いつ訪れても多くの客で賑わっている。

左.仔羊のミートボールタジン¥1,600は半熟卵を絡めて 右.コリアンダーなど数種類のスパイスが香るモロッカンカルボナーラ¥1,000

インテリアの一部のように飾られたアート作品の数々。展示は月替わりで、この日は名匠・内藤忠行氏の写真展を開催

友人宅を訪れる気軽さでアートとディナーを愉しむ『cherir cabre』

裏道の住宅街に佇む、ギャラリーを備えたレストラン。アートに造詣が深い店主が、「不特定多数の人がアートに触れられる場所にしたい」との想いで店をオープン。

料理はフレンチで修業を積んだシェフが担当。クリエイティブな空間で生み出される独自のメニューは、シンプルな調理法で素材のおいしさを引き出した料理が多く、かつボリューミー。

料理もアートも一級品、でも店はフランクでフレンドリー。そんな心地いいユルさが魅力の一軒だ。

左.アンガス牛の肩ロース¥1,500(写真は2人前) 右.30品目のサラダ¥900~

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ