牛・豚・鶏・羊だけが肉じゃない!旨すぎる“変わり肉”の名店8選

ジビエを豪快に炭火焼き。一升瓶から注がれる量りワインとともに楽しみたい

旨み、力強さ漲るジビエを七輪焼きに
『罠』

柔らかく上品な蝦夷鹿の芯玉、濃厚な旨みと歯ごたえが魅力の猪のバラ、ササミでも圧倒的に力強くジューシーな雉……。八丁堀の裏路地。魅惑的な肉が焼ける匂いの充満する空間に、エネルギッシュに食らい、ワインをがぶ呑みする客が夜な夜な集う。

壁にはこちらを見据えるかのように堂々たる姿をみせる鹿の剥製、七輪にのっているのはすべてジビエだ。基本メニューは蝦夷鹿、猪、雉、猪豚の焼きの直球勝負。

ジビエ=フレンチ、高級というイメージを軽々と乗り越えるこのスタイルに加え、北海道や熊本などの猟師から届く新鮮な肉のクオリティも特筆ものだ。

新鮮かつ下処理が丁寧だから、驚くほど獣臭さはない。けれど、ジビエ独特の力強い旨みと濃密な芳香は脳に直接響くほどにガツンとくるのだ。そして、グラスにはリーズナブルなワイン。控えめに言って、この店最高!

ジビエ3種盛。その日のおすすめ3点。はじめてならまずはこれ。モツ派なら猪豚を

シェフの宮崎さんは炭火を使う料理人のなかでも、その腕前とセンスのよさは抜群! ※ロバ肉の入荷状況は電話にて店に確認を

赤身が旨いロバが新たなブームを巻き起こす!?
『ラ・ピヨッシュ』

どうやら最近ロバ肉がじわじわ来ているらしいとの噂。都内で提供している店はまだ少ないが、炭火で焼く肉料理で人気を集める人形町『ラ・ピヨッシュ』では、月に2回だけロバ肉の入荷があるという。

オーナーの林真也氏曰く、イタリアのピエモンテかヴェネト、エミリア=ロマーニャではレストランのメニューに載っていることも多いとか。シェフの宮崎智洋氏が丁寧に焼き上げるロバ肉の断面は、じんわり赤みがかっていて、見ためだけでは、それと判別不可能。

口に運べば最初に感じるのは、草の香りとミルキーな風味。この日の部位はランプとあって、じわじわと赤身の旨さが広がる。クセはほぼなく食べやすいので興味がある方は、ぜひお試しを!

常に新しい“獲物”を求める肉ラバーの間で、今後「ロバLOVE♥」派が増える日も近い!?

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo