長年愛されているのにはワケがある!有名店のスゴい肉4選

鍋の透明なスープは、牛肉や野菜でとったもの

しゃぶしゃぶの殿堂
『ざくろTBS店』

赤坂

モンゴルで生まれた、“涮羊肉(シュワンヤンロウ)”が、いわばしゃぶしゃぶのルーツ。これが中国より日本に伝わったのは太平洋戦争後。元祖は祇園『十二段家』だが、昭和30年、いち早く東京に広めたのが、ここ『ざくろ』だ。

落ち着いた店内で頂くしゃぶしゃぶは、手頃な国産牛からA5の特撰黒毛和牛まで3種類。なかでも、同店ならではの味を堪能するなら、やはり特撰黒毛和牛を味わいたい。

さらに忘れてならないのは特製の秘伝の胡麻ダレ。門外不出のその味は、本場のタレを彷彿とさせるやや個性的な味わいながら、芝麻醤を思わせるゴマのコクと微かに香る腐乳の風味がミソ。

しなやかにとろける肉の旨みと風味豊かなタレの一体感が素晴らしい。古くて新しい味をぜひ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo