長年愛されているのにはワケがある!有名店のスゴい肉4選

誰もが知る“肉の名店”と呼ばれる店が世の中にはある。とはいえ、実際には行ったことがないという人も意外と多いのではないだろうか?

そこで今回は、いつかは行ってみたい名店の真の実力を検証してご紹介!

銘柄にこだわらず、その時々の最高の牛肉を焼くのが河村スタイル。取材日は宮崎牛。これで300g。側面は焼かずに上下の面のみを焼くのも旨さの秘訣

ステーキの殿堂
『かわむら』

銀座

従来の、所謂“ビフテキ”のイメージを一変させたのが河村太郎シェフの焼くステーキだ。銀座に店を構えたのが2004年。名うての食通らの舌を唸らせてきたその味わいは、シルクの如くしっとりときめ細かな舌触りと共に広がるヒレの脂特有の繊細にして豊潤な香りが素晴らしい。

赤子の頬のごとくフルフルと柔らかな感触の肉片が、喉元を過ぎていく食感は、シェフの言う「水のように澄みきったイメージ」そのままだ。

食べ口はあくまで軽く、しかし、後に残る余韻は深奥にして滋味豊か。それも、肉にストレスを与えぬよう火加減を調整しつつ、約40分かけ、余熱の力で焼き上げる河村流の焼き方の賜物だろう。

雑味が出るからと塩もコショウも一切使わず、煙による燻香さえもつかぬようにと細心の注意を払う。さらには網が肉に食いこむことさえ良しとせず、グリル板まで特注するほどの思い入れの深さだ。

「和牛は日本の誇るべき食文化の一つ」。熱く語る河村シェフの、揺るぎない信念が生んだ、まさに唯一無二のステーキである。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ