センスは食べて磨け!お洒落セレクトショップの自慢飯6選

近年、アパレル業界では衣食住様々な角度から独自のライフスタイルを提案するブランドが急増。

中でもセレクトショップは、お店の世界観そのままのカフェやレストランをショップに併設する傾向が強くなってきている。

買い物の休憩やデートの待ち合わせに利用するのは勿論、しっかりとした食事を楽しむのもよい。食べてお洒落な世界観を味わってみよう。

ディナー1番人気「黒トリュフのリゾット フォアグラのボアレと共に」¥2,590

人気のランチコースは¥1,890~(アミューズ、前菜、パン、パスタ、デザート、+¥200ドリンク)

ナノ・ユニバース発『nano・universe The Oak Floor』

ヨーロピアントラディショナルを基調とした内装に、高解像度の4Kディスプレイを採用した大型マルチモニターを壁面に設置し、世界の美しい風景を眺めながら、ゆったりとした空間でお食事を楽しめる『nano・universe The Oak Floor』。同店では安全性にこだわりを持ち、吟味された食材を使用し、イタリアで修行を積んだシェフによる本格的なイタリア料理を味わえる。

特に徹底的にこだわっているのが「安全な野菜」。無農薬野菜・有機野菜は勿論のこと、放射能フリーにまでこだわる徹底ぶり。

また、厳選した小麦粉・卵・塩を使用し、シェフ自らが手打ちするパスタ料理をはじめ、肉・魚などその他の料理も素材の良さを余すことなく引き出し、味わい豊か。なんとトリュフ料理も用意し、カフェの領域を超えてしっかりとしたリストランテの味を楽しむ事が出来る。

併設された『ARTISAN BOULANGER』では、焼きたてのパンや「マリアージュ フレール」の紅茶などをテイクアウトすることが出来、朝食やランチにも気軽に利用出来る。イタリア国旗をイメージした3色のスムージーは安心安全な野菜の風味を活かし、見た目にも美しく、余すことなく野菜の旨味や栄養素をしっかりと引き出して味わい深い。

場所は渋谷「PARCO」近く、「nano・universe 東京」3F

休日の昼下がりに「買い物付き合って」と軽く誘い出し、口当たりの良いカクテルで夕暮れから酔わせてしまうという反則技も使えてしまう。

ユナイテッドアローズ発『UA BAR』

2014年に『UA CAFE』からリニューアルを果たした『UA BAR』の他には無い注目すべき点は「TAILOR-MADE COFFEE AND COCKTAILS」をコンセプトに集まったチームメンバー陣の凄さ!!

「飛行機に乗ってまで試しに行く価値あり。」とNYタイムズ紙に評された、ノルウェー発の老舗コーヒーバー『Fuglen(フグレン)』が内装とドリンク、コーヒーメニューを監修し、ゆっくりとくつろぐことの出来る大人の空間とともに、オリジナルカクテルとスペシャリティコーヒーを提供。

フードメニューを監修したのは人気カフェ『JIYUGAOKABAKESHOP(自由が丘ベイクショップ)』。あっと驚かせるガレットやオムレツなど、お酒と一緒に楽しめる多彩なガストロパブメニューや、テイクアウトもOKなボリュームのあるランチメニューも用意。

ショップから徒歩3秒という好立地のため、買い物で疲れた足と渇いた喉を速効で癒やしてくれるとあって、連日大盛況!買い物から爽やかにアペリティーボタイムへ持っていけるところがまた憎い♥

場所は「ユナイテッドアローズ原宿本店メンズ館」の向かい

ロブスターロール(US)¥1,580はロブスターの爪と拳部分のみ、5尾分使用と何とも贅沢!!

ベイクルーズ発『LUKE'S』

「エディフィス」「ジャーナルスタンダード」などを手掛け、飲食部門にも力を入れる『ベイクルーズ』の2015年、注目の新店『LUKE’S』はNYマンハッタンの地で2009年に創業した人気NO.1のロブスターロール専門店。

ロブスターの名産地、メイン州より直送されたフレッシュなロブスターの爪と拳部分のみをパンから溢れんばかりに豪快且つ贅沢に使用した「ロブスターロール」はそのボリューム満点の見た目とは裏腹にヘルシーで女性モデルにも人気!

その他、カニやシュリンプのサンドもあり、お手軽ランチには勿論、買い物途中の小腹を満たすおやつとしてもおすすめ!

フォトジェニックな見た目も申し分無し。

場所は表参道メインストリートからキャットストリートに入り徒歩数分

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ