浅草は美食の宝庫!足を運びたい極上グルメ店10選

こだわりの美味とともにクルーズ気分を満喫!『Ristorante Medicina Banchina』

隅田川クルーズの船着き場を見下ろすビルの上階にある『バンキーナ』は、旬の食材を使った料理が評判のレストラン。シェフ渾身の美味とともに常連客を魅了しているのが、雅な光を放つ東京スカイツリーだ。

メインダイニングで食事を楽しんだあとは、屋上スペースへ。夜風を感じながら、ロマンティックなひとときを過ごしてみてはいかがだろう。

国産和牛みすじのローストビーフ(ディナーコースより)。『バンキーナ』名物のローストビーフは、低温で火入れをし、レアっぽい食感に仕上げるのがこだわり。さっぱりしたオニオンソースとともに

明かりを落とした、雰囲気のある店内。一見ごく普通のマンションの1階の奥にある。

地元の人が大切に通う隠れ家バー
『Bar Zu-Lu』

「夜の浅草エリアは、僕もまだ初心者。いろんな店を探している最中です」と話す広瀬さんが、最近見つけたのが、浅草寺の雷門からもほど近いこちらのバー。「お酒が美味しいのはもちろん、隠れ家っぽい雰囲気で居心地もいい。これから通ってみたいですね」。

オーナーバーテンダーの監けん物もつ昌宏さんは兵庫県出身。腕をかわれ、誘われて浅草にバーを出したのが2003年。

バーテンダーの監物さんが大のジン好きとあって、製造中止となった各国の珍しいジンも多い。

60種類近く揃うジンのほか、客の好みをきっちりと把握して作るカクテルも、パスタなどのフードも人気が高い。週末以外はマスターが一人で切り盛りしているという親密さも、周辺エリアにファンの多い秘密だろう。

「浅草は夜が早い」というイメージを持っている人にこそ、ぜひ訪れてみてほしい一軒。

皮とさしみのミックス¥1,570は2枚重ねて味わう

鯨を喰って芸を磨け!!浅草芸人を見守る名店
『捕鯨船』

ビートたけしの往年の名曲“浅草キッド”の歌詞に登場する『くじら屋』とは、まさにこの店のこと。ビートたけしをはじめ今では有名になった数々の浅草出身の芸人が、下積み時代にここで面倒を見てもらった話は余りに有名である。

店名からも察せられるように名物は鯨料理。梅シロップ入りのチューハイとともにその味を楽しもう。

壁には芸人のサインがズラリ

どらやき¥315

各界著名人も虜にしたふわっふわのどら焼き
『浅草亀十』

行列の絶えないどらやきの名店は、有名料理人から著名人までファンが多い。黒餡は北海道の小豆を、白餡は白いんげんの手亡(てぼう)を使用。

手で持つと沈んでしまうほどふわっふわの柔らかい皮と、甘さ控えめで飽きのこない餡が懐かしい味わい。手作りなので1日3000個限定。甘党女子には喜ばれること間違いなし。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo