渋谷の奥はグルメの聖地!美食巡りに行きたい名店10選

  • バターとパルミジャーノのタヤリン サマートリュフを添えて。¥2,800。香りは高貴で味わいは濃厚。果実味たっぷりながらエレガントな酸のあるドルチェットと

  • イタリア産ウサギのロトーロ¥1,500。イチジクの果実味、ローズマリーの香りがワインを呼ぶ

  • 三島広川農園の野菜のバーニャカウダ¥1,600。箱根西麓野菜は「根菜の味が格別」と岡田シェフ

  • カジュアルだが上品な設え。テーブルは広くゆったりしている

  • カウンターの上部にもワインのボトルがずらり。注目の生産者が造る自然派のワインも数多く揃う

  • タスマニアサーモンの瞬間燻製と夏野菜、温泉卵。「6800円の献立」より。進化を続けるスペシャリティ

  • 川俣シャモのテリーヌ。「6800円の献立」より。メインで使わない部位を丁寧に下処理し、余すところなく料理する。クレープで巻いて軽やかさを出した

  • いちじくの白ワイン煮、シャンパンのグラニテ添え。「4800円の献立」「6800円の献立」はいずれもデザートとコーヒー別(¥1,200)。「飲みたい人、デザートで締めたい人、様々だと思うから」と中田氏

  • 夕暮れの町に浮かぶ『シャントレル』

  • 店の顔であるカウンター席からオープンキッチンを臨む

  • トマトのフレッシュな酸味が爽やかなマルゲリータ¥1,400。ピッツァはほかにマリナーラ、サルシッチャなど常時5~6種

  • パテ・ド・カンパーニュ¥700。大粒の黒胡椒が香り、軟骨のコリコリとした食感がアクセントに

  • 窯焼き温野菜 アンチョビディップ添え¥1,000。野菜の水分と香りを閉じ込め、風味は濃厚に

  • カラフルに塗装した板を貼り合わせた壁や、ドラム缶のテーブルなどジャンクな空間が楽しい

  • 寺嶋さんがピッツァを焼く様子は、どの席からも見られる

  • クリーミーミーミー ブラウン グラタン¥900。オクラにエリンギ、シメジと野菜がたっぷり。バゲットで最後の一滴まで味わって

  • 「What a mashed potato(なんてマッシュポテト!)」とメニューには英語も併記。これがシソ入りの「和なマッシュポテト」¥500。メニュー名にまで洒落が利いてる

  • タコのたたき オクラピリッ!ソース¥750。かんずりとレモンが利いたネバネバソースが美味

  • 店内の壁にはレンガが張り込まれ、どこか懐かしい雰囲気が漂う。カジュアルさも相まって、居心地が良く、長居してしまいそう

  • ガレージを改装した小さな店。空間は尖っているが、気持ちのいいサービスで、初めてでも和める

もどる
すすむ

1/30

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo