テラスで朝7時半から絶品パンが食べられる店が6.29オープン

curated by
平石 紗代

発表会で登場したトーストやデリたち。レバーペーストにフルーツジャムを合わせたトースト(一番左)は家でも真似したくなる!

クラフトビールの醸造所が併設されたダイニング『スプリングバレーブルワリー東京』や、ポートランド発の行列ができるドーナツ店『カムデンズ ブルースタードーナツ』など、2015年4月にオープンするやいなや大人気のスポットとなった『ログロード代官山』に、また新たに注目店がオープンするということで、今回はその魅力をぎゅぎゅっとお届け!

6月29日(月)にオープンする『ガーデンハウス クラフツ』は、出来たての手作りサンドイッチや新鮮なデリ、スイーツなどが愉しめるベーカリー。鎌倉にある人気レストラン『ガーデンハウス』の新業態です。

こだわりのパンがずらり。すぐ奥の厨房で作られたものがそのまま並びます

『ガーデンハウス クラフツ』のクラフツは「手作りをする人たち」という意味。素材ひとつひとつを厳選して店内で焼き上げたパンがずらりと並び、デリやサンドイッチは目の前で調理してくれるので、そのこだわりを目の当たりにしながら、買い物や食事を愉しむことができます。

最初にカンパーニュをいただいてみましたが、その見た目だけで生地がモチモチっとしているのが分かります。これは期待が高まる……!!

ひと口かじってみると、酸味の中に優しい甘みがあって、毎日食べたくなるような癖になるお味。これはルヴァン種というパンの発酵種のみを用いることによって出る酸味なのだとか。

この繊維感をご覧ください! 蒸しパンにも似たようなモチモチ感は食べごたえあり。奥はオリジナルのクラフトビール

そのこだわりのパンたちにレバーパテとフルーツジャムを合わせたり、トマトペーストとバジルを合わせたトーストや、ハーブがふんだんに使用されたサラダをいただきましたが、美味しさのあまり「わあ~! 家のそばにほしいよ~! むしろ引っ越したい!」という衝動に駆られてしまいました。

サンドイッチを朝食にしたり、夕飯はデリを1品加えてみたり……、毎日のちょっとした贅沢になりそうで妄想が膨らんじゃいます。しかもここ、なんと朝の7時半から夜の8時まで営業しているんですよ! それを聞いたら、代官山にお住まいの方が本当に羨ましくなりました。ずるい!

キッチンとの距離がこんなにも近いので、店員さんとの会話も楽しめます!

店内は16席ですが、テラスは48席、ルーフトップは32席というこれからの季節に嬉しい仕立て! オリジナルのクラフトビールも販売されているのでビールを飲みながらサンドイッチで優雅にランチなんてのもいいですね。

店員さんとの距離も近く、生活の一部に溶けこんでいくような優しさのある素敵な空気感なので、帰り道は幸せ気分も一緒にテイクアウトできますよ!

発表会はあいにくの雨天でしたが、晴れたら気持ちよさそうなルーフトップ。早く梅雨よ明けてくれ~!

代官山駅から歩いて『ログロード代官山』の一番奥に位置しています。この看板が目印!


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ