大阪・広島・静岡3大お好み焼き名店対決 in 東京

美しく焼き上げる、そば入り。広島の定番、オタフクソースをたっぷり塗って青のりをふり、カウンター席なら目の前で完成。

【広島】お好み焼き 八昌 東京店

経堂

広島風お好み焼きの名店『八昌』。その暖簾分け店として、東京で愛されているのがこちら。

広島風の特徴である「そば入り」は、鉄板にクレープのように薄く焼いた生地にどっさりのキャベツ、もやし、そして揚げ玉、かつお粉といったトッピングもここで生地と重ね、豚肉をのせてじわじわと火を通す。

別では広島風お好み焼きの定番「磯野製麺」から仕入れる中華麺をゆで、鉄板でジュージュー。そばをカリッと焼き込むのは『八昌』ならではだそう。

このふたつと卵を重ねてからは、コテで押しながら形をまとめていき、あんなにたくさんの具材がどこへ! ?というくらい薄くコンパクトに!

しかし、食べれば外側はパリッパリに焼き込まれ、中には蒸し焼きになったキャベツやそばがみっちりと入っており、半熟卵もとろり。渾然一体となったまろやかな味がふわっと広がるのは、広島風ならではの魅力だろう。

店主の熟練した技を感じさせてくれる見事なコテさばきはおつまみにも冴え渡り、鉄板焼きメニューも豊富だ。カウンター席では目の前の鉄板で繰り広げられるコテ技を拝見しながらまず一杯、が楽しい。

数ある鉄板焼きの中で人気の一品、牛バラはまるでステーキ。さっぱりしたぽん酢入り大根おろしのせのキャベツも添えられる。スジポンもおすすめ

めりはりの効いた食感に唸る、広島風の名人芸を体験せよ!

いなか焼(遠州焼)。具材はたくあん、紅しょうが、ねぎ、天かす。焼き上がりに塗るものはソース、醤油、またはソースと醤油のハーフ&ハーフが選べる。

【静岡】USHIO

六本木

大阪のそれと広島のそれが大きく異なるのを見てもわかるように、お好み焼きは、意外とご当地色の強いメニュー。

静岡県浜松エリアで食べられているお好み焼きもまた地域のカラーが色濃く出ている。というのも、大根の生産量が多いという土地柄から、具材にたくあんが入るのだ。

そんな、珍しいお好み焼きを東京にいながらにして食べられるのが、ここ『USHIO』。浜松で35年続いた人気店が10年前に六本木に進出。ここにしかない味が支持され、すっかりこの地に根を張った。

意表を突かれた印象のたくあんも、いざ食してみれば、お好み焼きの風味を増強し、かつ、リズミカルな食感をプラスする味わいの立役者となっている。加えて、浜松の老舗天ぷら店『天錦』から取り寄せるという天かすの油分もまた、旨みと転ずる。

ヘルシーに仕上げるべく、厚い鉄板を用いて焼く際に油を使わないスタイルは、店主のホスピタリティの表れ。かくしてあっさりした食後感のお好み焼きは、細部まで自家製を貫くサイドメニューを存分に楽しんだ後でも、ペロリと平らげられると評判だ。

肉巻きギョウザは、餃子のあんとキャベツを豚ロースで巻いて焼いた一品。甘辛い味がビールを誘う

浜松式のお好み焼きを六本木の中心で食べられるというレア感もまた嬉しい

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo