編集長オーツキの 磨け、バカ舌! 学べ、オトナの遊び Vol.52

NOファミレス! 子連れでも行ける本格ディナー

curated by
大槻 篤

こう見えて子煩悩なワタクシ。週に一度は、一緒にうまいメシを食いに行きたくなる。かみさん満足で子供もにっこりな、本格的ディナーができるお店、こっそり教えます。

見よ芸術的な握りのウニと穴子を。このツープラトン、子供にはもったいない!?

『鮨早川』

恵比寿

恵比寿駅至近にありながら初見は必ず迷う、隠れ家的店構え。ゆえに感度が高く舌が肥えたビジネスエリートたちが夜な夜な集う名店だ。それだけでも子供NGの雰囲気がプンプンするが、知っている常連ファミリーは土曜日に。

狙うは個室のカウンター席。周りの目を気にしないで、板さんが握る芸術的な鮨を目の前でいただける。その匠の技を見ればぐずる子供も見とれるはず。もちろん鮨の美味さは折り紙付き。新ショウガで拵えた自家製のガリも格別だ。

なにはともあれ、まずは自家製干し肉と台湾A菜の炒め物を(2,950円)。ワインに良く合う。

『御田町 桃の木』

三田

ワタシもカミさんも呑兵衛である。どうしてもワインが飲みたくなったとき、我が家は中華へ行くことが多い。理由はアラカルトで一気に頼めて早いから……。

なかでも『桃の木』は近所ということもあり、ちょくちょくお邪魔する。まず何よりも先に子供用の干し貝のチャーハン(3,500円)を頼み、大人の部スタート。子供が食べきるまでに、ワインと上海よだれどり、スペアリブの唐揚、などスパイシー料理を。

同時に頼んだ本日の直送鮮魚をいただいて、はいタイムアップ。ワイン3杯をかっこんで、いい具合にほろ酔いです。子供がぐずる前に帰る、これが大事です。

こちらはオンメニューのふぐの唐揚げ。子供には贅沢すぎるので、裏メニューの鶏からがお約束。

『居酒屋 ふぐ武』

麻布十番

重ね重ね、ワタシもかみさんも呑兵衛である。どうしてもビールをグイグイ飲みたいときは「居酒屋 ふぐ武」へ。常連しか知らないが、裏メニューに鶏の唐揚げがある。これがあるから、だませる(?)。

大人は刺身、煮魚でビールをギューっと。子供は唐揚げと餃子、そしておにぎりのゴールデントリオで気分は上々。なんとも平和な休日の完成です。

ここに来ると滞在時間はいつも長い。居心地がいいのでしょうか、子供も帰りたがらないのが嬉しい限り。あ、唐揚げは通常はフグのことなので、頼むときは「鶏の唐揚げ」ときちんとたのんでくださいまし。


【緊急アンケートを実施中!】(募集期間:2016.6.18~2016.6.24)
■「教えて下さい、あなたのクレジットカード事情!」回答はこちら

東カレWEB採用


東カレアプリダウンロードはこちら >

【編集長オーツキの 磨け、バカ舌! 学べ、オトナの遊び】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ